桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

明日への扉  舞洲復活

舞洲というと今どきの若者はサマソニとかなんでしょうですけど
Vダッシュセレッソと堀みやこ思い出すクラスターなんですけど何か?

ちなみにまいしまと読みます
オリンピックの夢の跡なんですけど
開催してたらどうなってたんですかね

練習場復活が決まりましたね


大阪市の条件付一般入札事業予定者決定について | セレッソ大阪 CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE
http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10007427&contents_code=100104


前のときにまとめてるのでご参考ください

やっぱり舞洲移転なのか!
http://ameblo.jp/crzgoal/entry-11159541922.html

ようするに大阪市から20年賃貸するんですけど
こんな立派なクラブハウスできるのかよ!

ユース組の練習場をまとめるんでしょうね
トップも練習するようなので
相乗効果はあると思われます

まだまだ陸の孤島だから
練習に集中できるいい環境だと思う

5月にローソンが出来るから
少しは孤島じゃなくなるけど(`・ω・´)

この流れは育成型チームでいく決意なんだろうね

この前タイとの提携話出てたけど
線と線が繫がっていくんでしょう

C大阪タイ・プレミアリーグのクラブと協定締結 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120329-00000613-san-socc

 サッカーJ1のC大阪タイ・プレミアリーグ
バンコク・グラスFC(BGFC)と
パートナーシップ協定を結ぶことが29日、分かった。
外郭団体の一般社団法人C大阪スポーツクラブが
大阪市此花区の舞洲にアジアの育成センターを
立ち上げる構想を持っており、その第一歩となる。
また、J1の神戸も同日、同リーグのチョンブリFCとの
業務提携を発表した。

 関係者によると、Jリーグがことし2月、タイ・プレミアリーグ
パートナーシップ協定を結んだのにあわせ、
加盟クラブ間でも同様の関係を模索。親会社のヤンマーがタイ国内に
工場を持っている大阪のほか、神戸が名乗りを上げ、BGFC、
チョンブリFCとそれぞれ提携することになった。

 C大阪とBGFCは両者間で既に合意に達しており、
育成レベルの選手や指導者の交流のほか、
BGFCのプロ選手をC大阪が練習生として受け入れることや、
出場機会に恵まれない大阪の若手選手をBGFCに
レンタル移籍することなども検討。
オフにC大阪がタイで短期合宿を行う案もある。

 その手始めとして、4月下旬に育成年代のコーチを
タイで開かれるサッカー教室に派遣。
運営スタッフの受け入れを目指し、職員の英会話レッスンも始める。

 C大阪は今後、インドネシアベトナムなどのクラブとも
同様の協定を結びたい意向で、
クラブ幹部は「C大阪をアジアサッカー界のトップブランドにしたい
育成型クラブなので、アジアで育成の輪を広げていくパートナーがほしい」
と話している。

 また、神戸は7月にタイ国内で行われる交流試合に
育成年代のチームが参加予定だという。

 BGFCは昨季のプレミアリーグで5位。
元Jリーガーの日本人選手2人が在籍している。
チョンブリFCは昨季2位。

とりあえずほやほやしております

シンガポールアルビレックスみたいなもんですかね

また清武がドイツからラブコールを受けてそうだが
海外目線で見るとセレッソは真司というブランドも有るし
乾も1部にいけそうな雰囲気

海外目線で見ると若手での信頼と実績のブランドに
なりつつあるような気がする(あると思います)

東南アジアとの連携でそういうブランドを高めていくつもりなんでしょう

ハナサカクラブからのいい流れが継続して行けそうです
世界の杉本も結果を出して
どんどん輩出していくクラブになっていけばいいんじゃないですかね

とりま舞洲始動を楽しみにしておきませう!


舞洲スポーツアイランド
http://maishima.jp/access/index.html

MAP http://maishima.jp/map/images/total_map_l.jpg