桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

磐田戦観戦記

まあ悔やんでも仕方ないが今後の課題もあるとは思うので

磐田戦を振り返ってみる

スタメンは想定外のメンバーだった

        吉田


 前田    江添   山崎

     下村   河村 

 

山田     ビンゴ     徳重 

       

 

     大久保  西澤    


     前田  太田


福西              船橋


   ファブリシオ  菊池

上田   金   鈴木   犬塚

 

        川口


名波スタメンじゃない時点でテンションが下がる

磐田は実質的に前田ポストの1トップの

トップ下3人できた

太田FW起用でプレビューを思い出して

いやな予感になる

(チーム最多シュート数+得点チーム第二位)

立ち上がりから長居第二のピッチコンディションが悪く

すべる選手続出

河村と福西立ち上がりの

ビックチャンスをお互いに外す

徐々に磐田ペースに

気になるのは3トップ下をフリーにさせすぎていること

3バックで4人をケアする必要があるから

守備意識が徐々にずれているのが

明らかにわかる

アジウソン策士だな

福西と太田が神出鬼没で3バックが振られまくっている

マエリョーも無視はできないからもう大混乱

ピンゴからクロス大久保が触れなかった直後の

12分

右サイドから太田抜け出し中の福西にパス

軽く流してパス

下村クリアするもこぼれを

再び太田が触ってシュート

これで0-1

あっさり磐田先制

この時点でセレッソの後半勝負の目論見が消えうせる

数分後右から福西が抜け出しクロス

左にいた船橋がドフリーでシュート

難なく流し込んで0-2

静まり返る長居第二

明らかにちぐはぐな守備つながらない攻撃

この時点で9-1とかの大敗スコアも覚悟した

アジウソンは指示だしまくっているが

塚田さんは・・・・

セレッソで目に付くのはトップ下の選手ではなく

左サイドの徳重

何度かいい抜け出しをしてクロスを入れるも

大久保が決めきれない

徳さん半そででがんばっているんだから

決めてくださいよ

磐田FK 福西がドフリーヘッドも外す
完全に守備が壊れてる

この辺で磐田は攻め込まなくなってきた

2点差で逃げ切りを図るおつもりか

2-0からの次の一点が流れを決めると言うのは

サッカー界の常識

セレッソは何とか1点返したい

セレッソは磐田のお付き合いして

ライン下げ気味手の施しようがないとおもった40分

大久保が右から突破

個人技で中に切れ込みDFの隙間を見つけてシュート

これが決まって1-2

さすが磐田キラー

きれいな弾道のゴールだった
0-2からの一点はでかい

変に勢い図いたスタンドの後押しを受けるかのように

セレッソカウンターから下村がチップキックで

西澤ポストでボールをつなげる

その左に流れたボールを下村角度のないところからシュート

これが鮮やかに決まって2-2の同点

さすがキャプテン

実況でJ通算三点目とのアナウンス

新潟ビックスワンミドル弾以来のゴールか

0-2になって一時はどうなるかと思ったが
2-2の同点に追いついて後半戦へ

両チーム選手交代はなし
後半頭からセレッソペース

前半の終了間際のいい感じの流れが続く

大久保惜しいシュート

50分ピンゴがシュートで足を痛める

自ら交代のサインを出す

ここで待望の名波投入

名波投入で本日一番盛り上がるスタンド

この声援をどう捕らえるのか○○さん

名波投入で中盤でためが作れるようになり

押せ押せセカンドボールもセレッソ

磐田は防戦一方

たまらず大井を投入して3-6-1に

でもセレッソは決めきれない

決めるべきときに決めないと・・・

と言うのがサッカー界の常識

72分セレッソCKから磐田の逆襲

金が抜け出しクロスを太田が流し込んで決めた

2-3

名波がスタンドを煽った直後だっただけに悔やまれる

エコパのガンバ戦の決勝ゴールっぽい展開ジャン

磐田の後半の決定機はこの一回くらいだったと思う
この失点のダメージはでかい

もう磐田は守備重視に
セレッソも苔口 柿本を投入するも

流れを戻せず試合終了

勝ち点1は取れる試合だったと思うけどな

天皇杯の流れを引きずってしまったような気がする

あの広島戦は今期のターニングポイントになるやも知れない