桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

ジャイアントキリング目当て

昨日は家にいたのでジャイアントキリング目当てで

天皇杯を見ていたんですけど
あそこまでBS劇場が炸裂するとはね

ゴールの瞬間 おもいっきり雄叫びあげてもうた

試合はFC東京が決めるべき時に決めないから
カウンターでやられました的な内容

どんどんセーブしていくことで
キーパーもどんどんのっていくのを
目の当たりにしたもんな

完全に試合を支配しているのに
枠に打てないからやばい気がしてたんだが

絵に描いたような展開過ぎてもう


先制できずに0−0でじりじり行くと

J1側にプレッシャーが襲ってくるから
余計に決めれなくなる

それでメンタル的にもおい込まれて

ジャイアントキリングになっていくんだよな

JFL以下のカテゴリーはデーマッチがほとんどなので
慣れているし 暑さにも強いはず

その辺もJ1が負ける原因だと思う
12月は昼間の体力勝負にはならんし

でも勝たないと外野からかなりいわれるわけなので
ガチメンツで行く方がいいんだろうと思う

そういう話がないチームは
なんかあったらサブメンバーに責任を取らせること

になるから余計に醜くなる


佐藤寿人の発言は結構アレだわね

【第92回天皇杯 2回戦 広島 vs 今治】試合終了後の各選手コメント(12.09.08)

佐藤寿人選手(広島)

「今日はある程度メンバーが変わったが、それでもいつも通り
自分たちのサッカーをしなければいけなかった。
10回やって1回負けるか、20回やって1回負けるかわからないが、


その1回がいつになるか。それは、こういう公式戦であってはならない。
前半でゲームが決められるくらいにやらないといけないし、
普通にやればそれだけの力の差があったと思う。


ああいう失点の仕方ならば、セットプレーからやられる方がまだすっきりする。
ああやってやられてしまうと「だから(普段から)試合に出られないんだ」と感じてしまう。


ある程度(彼らが)計算のできるクオリティかというと、

それにはクレッションマークがつくと思う。

普段の練習から、練習だけの練習でなくて、試合でしっかりやれるよう
に意識して、厳しさを持って練習しなければいけない。


そんなイメージを持っている選手と持っていない選手は、はっきりしている。

プロで少しチャンスをもらって、それをモノにできず去っていく選手か、
それともプロでしっかりと結果を出していける選手なのか。


チャンスをモノにできるかできないか、それがこういう試合で

しっかりとしたプレーを出せるかどうかにつながってくる。
こういうところでリーグ戦につながるプレーを見せない限り、
サブで控えている選手というのは、チャンスを得ることは難しい。

そこに難しさを感じた試合でもあった」

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00143511.html

発言は間違ってないけど正解ではない


やじられてこっち来いやと行ったかどうか知らんけど
声出すのはあかんでしょ

自分の責任はゼロではないよね

なんで他人事みたいな発言なんだろ


甲府みたいに早期敗退を狙うチームでなければ
立ち上がりから圧倒するためにガチで行かないと

途中で慌てても流れは変わらないもん
甲府は露骨にメンバー落としてたのは昇格に専念するためだろう


トーナメント戦は勝つことだけが正義だから
どんな形でも勝つことが大事

メンバーは変えるべきじゃないと思うね


過密日程じゃなければ


どっちにしてもこの時期13時からスポーツではないね><