桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

J1第21節 G大阪戦 △2−2

万博の雨は絶望の雨 

ガンバTV見ながら書いてるんだけど
ダービー扱いみじかいw

矢野兵藤の矢野さんくらい愛想いい

助っ人ワロタ

話を本題に
お互いのサポの絶望の雨じゃないですか

セレッソはファースシュートで先制
後半にも岩下のミスをついた
ガンバキラー枝村のラッキーパンチで2点先行したけど
決定機はガンバの方が多かった


佐藤は上手いわ

光源氏というだけあって
チーム得点王は伊達じゃないね

ほぼ二川レアンドロのゴールだけど
あそこに居ることが大事

2点目少しやらかした岩下の意地のアシストも上手かったわけだが

ガンバTVで佐藤が「岩下がハーフタイムに

相手DFがクロスへの対応が悪いのでどんどん入れようと話していた」 

岩下も「共通理解が出来ていたので狙って出来た攻撃」とのこと

クロスへの対応は課題だわな


後半は相手のボランチ明神と遠藤をフリーにしてたので
DFとCBギャップを狙われまくり

一昨年も二川にもつかれたことで負けた原因になったんだけど
今回もそのパターンですやん

なんでボランチをフリーにしたのかと思っていたら
昨日のBLOGLAでこういう話がもれてきた

[C大阪]「最初で最後のチャンスだと思って試合に臨んだ」(児玉選手)

(1192号あとがき) « サッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA
http://blogola.jp/p/1837

ええ記事なんだけど

枝村「ガンバはポゼッションにたけているけど、その分、

空くところ、崩せるところもある」と試合前に話していましたが、

“ガンバの穴”を見つける嗅覚に優れているのでしょう。

また、スタメンでヘベルチ選手を起用してきたことは驚きでした。
何せ、ほとんどレギュラー組と合わせたことはないですから。

そんな中、枝村選手と途中でポジションを変更したり、

周囲とうまく絡んで1点目を演出するなど、起用にやっていた印象はありました。

シンプリシオ選手と横山知伸選手のボランチコンビも、
前半は良かったですね。2人が縦関係になり、役割がハッキリしていました。


後半、ズルズルと下がってガンバに中盤を支配されたことは課題が残りましたが、

「後半は引いて守ろうという作戦だったが、逆に回され過ぎてしまった。」(藤本康太選手)
と、チームとしての戦い方に課題が残った結果でした。

やっぱり歌謡曲ぶっつけ本番だったのか
ハーフタイムで引いて守る指示出したのか


1−0で守りきれるチームじゃないだろ
鹿島戦で分かってないのか(´・ω・`)

そこから2失点

みずからライン下げるバカがどこにいるのかと

いい攻撃はいい守備からだろと小一時間

攻撃は最大の防御という発想はないんでしょうね

ラッキーパンチだから守りきろうとしたのかしらんけど


対するガンバ

0−2から2−2

2点差は危険なスコアを実証し
ガンガン攻撃してて3点目へノリノリだったときに 

倉田→家長
二川→金正也の交代に救われたわ

はっきり言って3枚目はミスターのデフォな交代策だけど
それで攻撃で機能したことはないはず

ドロー狙いだもんね

ガンバTVがいうほど変化は持たせてないよ

セレッソ 

児玉の故障明け交代
2枚目はヘベルチ→村田と故障での交代

1枚目の交代の加地の故障での岩下

なんとなくダブるんですよね

采配力というか監督力のなさが....

均衡状態が続いたところでの
残り5分での勝負の三枚目

ミスターが定食メニューできたて
引き分けねらいみえみえだから

バンドで勝負するのかとおもたら
舩津(´・ω・`)


FW入れることが正義ではないけど

ダービーだぜ

ナビスコ捨てたのか失敗したのかしらんけど
中途半端すぎる

こっちは五輪と出場停止でメンバー落ちしてたけど
それは理由にならない

雨なんだから放り込めば
何かおこるかもしれないのに

縦ポンもしない
クロスも入れない 


試合でファイトしない選手はいないはず
采配でもファイトしてくれや


勝ちきりたかったサポ
引き分けにしたかった監督
という構図での涙雨じゃないしょうか

どう考えても勝ち点40は居る

13試合で勝ち点17は必要だから
6勝7敗でいかないといけない

はたして逃げ腰采配で勝ちきれるのか

選手は応援しますけどね
諦めたらそこで終了だから