桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

価値ある引き分け

こういう分析が妥当なんでしょうね
鳥栖側のコメントなんだけど
こっちもそういう感じでいいんじゃないかと

相手はテンション高いし
昨年のスタイル継続チームだし

新監督の初戦はどこもしんどいでしょ
「最初はしんどいとおもいますよ」
Jリーグタイムでのハセケンサンバのコメントを見るとね
東京以外どこも勝ってないような

まずはソアレス監督のコメントを見てみる

J's GOAL | J's GOALニュース | 【J1:第1節 鳥栖 vs C大阪
セルジオソアレス監督(C大阪)記者会見コメント
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00133932.html

「非常に良いゲームで、感動的とも言えるゲームだったと思います。
なぜならば、両チームともお互いのスタイルを生かしながら、最後までゴールを取りに行きました。
鳥栖は空中戦、C大阪はスピードを生かして、最後までゴールを目指したからです。
本当に良いゲームだったと思います」

Q:後半に4−4−2にして流れをつかんだように見えたが・・・
「まず、C大阪のペースでサッカーができなかったのは、おっしゃる通りです。
鳥栖がコンパクトなDFでスペースを与えなかったからです。
中盤でブランキーニョが中のスペースを見つけることができず、
形を作る事ができませんでした。そのような流れの形が分った中で、
2トップにして、清武とボギョンをサイドから中に絞らせる動き方で
相手のスペースを突いていく形が有効ではないかと考えて、ああいう形にしました」

Q:今後もそのような戦い方になるのか
「バリエーションはチームにいくつかあって、今日はその中の一つを使ったと言うことです。
ゲームの流れによっては、3トップも当然考えられるし、全ては試合の流れによってと思っています」

Q:勝点1という結果に対してどのように評価されるのか、
また、清武選手がケガから復帰しての今日の試合での評価は。
「まず、開幕戦で勝点1だったのだが、C大阪としては非常にいいゲームができたと思います。
なぜならば、開幕戦と言うことでいつもと違う緊張感のなかで相手のストロングポイントを
シッカリと押さえることができた事と、後半の攻撃面において、我々のサッカーが見られるようになった。
そして、バランスと言うところでも少しずつ出せたのではないかと思うので、勝点1は手ごたえがある。
清武については、90分間に良いパフォーマンスをしてくれたと思いますし、
90分間を持ちこたえたことも評価すべきだと思います。これからも、
さらにコンディションがよくなると思います。試合の途中に足が止まったように見受けられたが、
ケガで長い間練習を離れていた事を考えるとあの時間帯で足が止まってしまう事も仕方のないことだと思う。
試合を重ねることで、もっと彼の良さが出てくると思う」

Q:次節のホームの開幕戦までに改善すべき点は
「まずは、試合の立ち上がりから落ち着かせる事ができなかったこと。これは、
開幕戦を経験したことによって、自然と改善できる問題ではないかと思っています。
さらに戦術的な修正というところで、次の試合に必要になるのですが、
それはチームの中で話し合う部分だと思うので、申し訳ないのですがこの場ではお伝えできません」

以上

後半の修正は昨日の分析どおりか
ブランキーニョがフィットしない現状だと
4-4-2でいくのがいいんでしょうけど
ダービーではどうするんでしょうか

やっぱり3トップやる気あるということは
対戦相手によって変幻自在のシステムでいくという宣言でしょう

後半良くなったのが
4-4-2で意図がハッキリしたのか
フィジカル効果か
鳥栖がバテたのか
連携がしっくりきたのか

真実はどれなんでしょうね

ユンジョンファンの目線から探ってみる

J's GOAL | J's GOALニュース | 【J1:第1節 鳥栖 vs C大阪
尹晶煥監督(鳥栖)記者会見コメント
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00133931.html



Q:後半の25分過ぎたあたりから下がり気味のDFになったが、疲れからなのか、指示だったのか
「今日だけでなく、今後の試合でも安定感をもたらさないといけない。
今日のようにシッカリとしたDFをして無失点で行ければ、
少なくとも勝点1は得ることができるので、その意識は選手に伝えた」

Q:良い守備から良い攻撃につながる鳥栖のサッカーはできたが、勝点1を監督はどのように評価するか
欲を出せば勝点3を取らないといけないゲームだったかもしれない。ただ、選手も初めてのJ1ということで
すごく緊張もしただろうが、最後まで戦い続けて勝点1を得たところをみて評価をしたい。
ただ、勝点1を得たと言うところだけでの満足ではなく、そのようなところをみての満足ということ。
今後は、やらないといけないところはたくさんあるが、決定力というところを求めてやっていかないといけない。
何よりも一番に感じたことは、個人の力というところをもっとベースアップしないといけないところ」

鳥栖は失った勝ち点3という雰囲気か
ドフリーを4回外したら勝てませんよね

高さに弱いという守備は今のセレッソの課題だよな

個の力でしかサッカー出来てない現状
最悪の前半
全員揃ってほとんど練習してないことを考えると
負けなかったことは評価してます

鳥栖が無失点のために守備意識を強めたのが
攻めきれたのでなければいいんですけどね

じっくり行くしかないでしょ
連携の赤い線が太くなるのには
時間がかかるんだから

引き分けでは勝ち点積み上れないから
守備重視で時間稼いで攻撃陣の開花を待つとしますか

追伸

ゆるすぐり来てたのか
いちごの食べ方(笑


昨日ustトッテダシやってたのかよ(`・ω・´)
まさに大航海ですよ←