桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

アペリティーヴォ

アペリティーヴォはイタリア語
アペリティフ(食前酒)のイタリア語ですが
今日では軽めのカクテルやワインを片手に、
おつまみをつまんだりしながら友達と会話したり、
その空間を楽しむひとつの文化的な意味を持つ言葉

そういう意味的に昨日のU19は
今宵の韓国戦の食前酒といきたかったのですか
そうはいかなかった

CSテレ朝に加入してないし
昨日もTLもあまりみれてないが
2-0からの逆転負けはキツイ

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/live/jpn_20101011_01.htm

CBに高さが無いためロングボールでやられる
攻め手の無い日本
パスミスだらけ
取られ方が悪い....

セカンドボール取れないと
守備は崩壊するわな

さすがに布ジャパンって
今回限りでしょ


育成だから結果は二の次です(きりっ)っていう
意見有るけど市立船橋では結果だしてけども
代表ではあまりにも結果出してない
勝つことが最大の育成だと思う

しかしU20大会連続アウトはキツイ

責任は自分ですといってるけども
もっと練習しろという言い方だから
実際はどうなんだろ

指宿のいいたいことも気になる

メンバーも中途半端だったし

とにかく何がダメだったか分析して
今後の糧にするしかないですね

でこんなネタを思いついたのは
この記事を見たから

アルゼンチン戦は『食前酒』 韓国戦で出るか『前菜』
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2010101202000011.html
締めが良い文章ですよね


伊野波は言う。「(監督の指示は)基本的なことばかりなんだけど、本当に細かい。
ここまで細かく言われたことはあまりないかな」。
プレーの選択肢と判断のタイミング、選手同士の距離の取り方、リトリートする方法。
なかでも、ボールホルダーに対する守備陣の体の角度、そこからの動きに関しては
厳密な指示があるという。ベースは「サイドに追い込んで奪う」。
それ以上は「企業秘密」…。指揮官の志向する守備の極意はまだ分からない。
でも、なぜ「今」、守備から手を付けるのかは想像できる。
 ザッケローニ監督は協会関係者にこう語ったことがあるという。
「私の言うことの基本さえマスターできれば、攻撃よりも守備の方が成長は早い」

なるほど サイドに追い込む守備の極意ですか
こういう目線で今日の日韓戦を録画で楽しむつもりです

他にもネタは豊富だしいろいろ楽しみですね

李栄杓 アルゼ戦酷評「現代サッカーではない」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/10/12/12.html
ショートパスつなげない…日本にもう1つの“敵”
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/10/12/11.html

ザック監督「私の指示を選手がどう表現できるか」
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20101011-OHT1T00222.htm


今日もカクテルで酔わせてほしいもんです
さてどうなりますやら