桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

ナビスコ 鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ 再戦

いよいよナビスコ決勝トーナメント開幕
どの試合を観ようかと悩んだのですが
昨年と全く同じ対決カードということで
鹿島の試合を見ることに

昨年は1戦目0-1
2戦目も0-0でのロスタイムジュニーニョのゴールで同点
延長戦で突き放して川崎が勝ち上がり
勝戦まで駆け上がっていったんだよな

そして1年後全く同じ状況下での再戦


スタメンは曽ヶ端 新井場 岩政 伊野波 ジウトン 青木
小笠原 野沢 フェリペ 興梠 マルキーニョス

相澤 森 菊地 伊藤 小宮山 稲本 中村 田坂
ヴィトージュニーニョ 黒津

ガチメンバー対決
8月勝てなかった鹿島が復調するのか
アウェーで連敗の川崎が建て直すか
いろいろ見どころなのにスタンドがガラガーラ
鹿島のお祭りであるらしいけど....

■消耗戦
お互いも4-4-2でキックオフ
ガラガラのスタンドを反映する様な
慎重な立ち上がり 川崎動き悪い
中2日の影響大

まあ鹿島前半のスタートダッシュはデフォルトですけど
(後半バテる)

パスミス多すぎ ギアチェンジ無いな
これは見どころ無い試合の悪寒

しかし決定機は鹿島
混戦こぼれ球から野沢シュート
ジウトン惜しいクロス
川崎はサイドから押し込めてない

31分には小笠原が倒されて得たFKをマルキーニョスが直接入れて先制
鹿島れる(逃げきれる)のかがポイントに

選手交代なく後半
川崎3トップにギアチェンジ
小宮山があわやのシュート


ワールドカップのオフサイド表示キター

鹿島は日本最高峰の省エネサッカーモード
マルキーニョスのカウンターはかなりの武器だわ
前半途中に怪我で交代した本山がかなり効いてる

マルキーニョスが縦へ勝負したところに
興梠が飛び込んできてゴール これで2-0

争点は川崎がアウエーゴールを奪えるか否かへ

川崎はさっそく谷口投入
この人が入るといつも点が入るような気がする

案の定 森抜け出して谷口折返したところ黒津のシュート
さくっときまって2-1

やっちまった鹿島
高くつきそうなアウェーゴール献上

鹿島あわててギアチェンジ
岩政のシュートは決まらず

お互いにガス欠でオープンな打ち合いへ
自陣に戻れない消耗戦

楠神のクロスケンゴ決めれず
神さんはガクッという反応

決めきれない鹿島
三点目取らないのは武士の情けだろうか

ロスタイムの谷口ダイビングヘッドも決まらず
直後に試合終了

鹿島イレブンは勝利したとは思えない雰囲気だった
のしかかるアウェーゴール

あまりみどころなかったけど
第二戦は川崎が得意なホーム試合
かなり盛り上がりそうです

■ひとりごと
鹿島は後半に運動量落ちるのがデフォだな
本山が後半から投入できていればなんでしょうけど
8月はずっと逃げきり出来てなかったはず
3番手以降のFWの弱さも気になる
マルキーニョスが凄過ぎるんですけどね

川崎は悪くはない試合結果
1-0勝てば勝ち抜けですもん

でもフィニッシュの甘さが気になる
黒津は決めたから流れ変わるかもしれませんが


追伸
パスミスは芝の状態が理由かも
冬芝らしいので


9月1日(水) 2010 ヤマザキナビスコカップ
鹿島 2 - 1 川崎F (19:00/カシマ/6,977人)
得点者:31' マルキーニョス(鹿島)、55' 興梠慎三(鹿島)、68' 黒津勝(川崎F)