桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

ガンバ大阪対ジュビロ磐田 セットプレーの差

毎日1試合のレポートを書きたいなと思ったので
どのカードを観ようかと悩みました
世間では上位対決の清水対川崎でしょうが
橋本の活躍のヒミツとダービーのスパイがしたくて
ガンバ大阪ジュビロ磐田に落ち着く
(前回4-3だったようにバカ試合が見たかったって言えないよ絶対)

ガンバのスタメンは藤ヶ谷 武井 中澤 高木 安田
明神 橋本 遠藤 二川 平井 宇佐美

加地のスタベンは怪我明けだから理解できるが
古巣対決のイグノはスタベンか 流石ドS采配
でもそれなりの理由があることが後で判明するのですが.....

ジュビロのスタメンは川口 駒野 大井 イカンジン
パクチュホ 那須 上田 西 船谷 ジウシーニョ 前田

出場停止明けが戻ってきて現状ではベストメンバー
山本康のスタメン見たかったけど仕方ないか


試合前におもいっきり水蒔いたので
これがどう出るかだよな
試合開始時の気温は30.1度

解説の山本氏の「人間としての強さが問われる試合」
という言葉が印象に残るが
給水の重要性としたたかを思い出してしまって集中できない><


注目点は2つ
ボゼッションどっちになるかということと
上位には相性いい磐田の強さが見れるかどうか


ほぼ満員でキックオフ
立ち上がりから磐田の動きがいい
サイドから(特に西)何度もいい形で
ボールは入るんだけどトップで収まらない
前田に負担かかりすぎなんだよな
船谷決定機にフォローがあればね

給水効果で両軍ミスが有るように見える
暑さの影響かは知る由も無い
涼しくは成るけど

橋本がゴール前でオフサイド
抜け出し方を見て驚
やっぱり調子いい

カウンターガンバ
手数かける磐田の構図
持たせてるのかなあ

駒野や駒野クロスから上田が打つけど...
ゴール前までいけるんだけどそこからgdgd
前田以外にポイントがあれば...

このままジリジリとした試合になるかと思ったら
ガンバがカウンターから貰った連続コーナーキック
2回目のこぼれ球を二川がきれいに救ったミドル

これがあっさりきまってガンバ先制
DFの当たってるけど 散水を利用した巧みなシュートだわ
(でも空振りしてるのは切ないね)

磐田の時間帯が大きかったからながれを変える値千金のゴール

前半はどれほど大きな動きもなく終了
平井のヘッドは決めてれば試合は決まったかもね
(川口褒めるべきか)

何故スカートじゃないと思いつつ後半へ
頭から船谷→山本康

それでもシュートで終われない磐田
サイドからの仕掛けは悪くないんだけどな

明神際どい二発 ああいうことできるボランチはイヤらしい
平井に代わってイグノイン

両軍選手交代してるんだけど
前半とはテースト変わらず
磐田が攻めてるんだけど....
山本康ミドルは惜しい

コーナーキックのこぼれを救った遠藤が
再びセンターリング
これを高木がヘッドで決めて2-0
勝負ありだよな

真夏の試合に有りがちな凡戦で試合終了
後半見るべきものはなかったな
散水も失敗だったような...

■ひとりごと

ガンバも良かったところも多いとはいえず
磐田も悪かったとは思えない

でもガンバが勝利したのはセットプレーの差でしょうね
遠藤は美味いのは当然だが磐田のセット時のゾーン守備はどうなんでしょ

中継でびっくりしたのが磐田のアウェー成績
この試合前で1勝5分4敗
でアウェーでの得点が3(驚)リーグ最低 失点も11

ということは先制されたらどうしようもないということか
イグノの穴はとてつもなく大きいということだ

ヤンツーのいい訳会見(悪くはなかった切り換えうんぬん)
がパターン化しているのは気がかりです
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00106085.html


ガンバは宇佐美先発時の方が勝率いいというかほぼ無敗らしい
若手でかき回して後半ポストプレーヤーを投入という形ですが
これが効果ある模様 鹿島の同点劇もJJがポストしてたし
逃げきる場合は山口投入の5バックで逃げきりモード

宇佐美も平井もポストタイプじゃないし 平井は待ちのストライカー
トップでボールが収まらないから いい意味で2列目が仕掛ける訳で
2列目以降の橋本や二川 遠藤が得点を取れるスタイルが見えてくる訳か


昨日の会見でもはっきりと語っている
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00106083.html
Q:2トップと中盤との絡みがなかなかないが? そのあたり、まだ不満ですか?
「そうですね。アタッキングサードに入ったあたりでの
パス交換の感覚というものが、まだ連動性が少ないですよね。

何本かありましたけど…1つはランニングをさせてもらえないのか、
自分からアクションを起こせないのか、足元で受けたがる
宇佐美がいたり、スペースを見つけられない平井がいたり。

それは与えられるものではなく自分から作らなきゃいけないのに、
そういう動き出しとか自分からアクションを起こしてスペースや
時間を確保するというのが、まだ中盤と合っていない部分が多い。
そういうコンビネーションが少し足りなかったとは思う。
以前だと、平井はかなりフリーランをして受けて、
一気にフィニッシュにもっていく場面があったが、
ここ数試合一切ないですから。

やらせてもらえないのと、こういう暑さの中でコンディションが悪い中で
出し手も躊躇したり、平井もそういう動き出しが遅かったり…。

少し入らなくても、そういう動きをとって行け、
とは言っているんですけどね。
50%50%でもいいので、フリーランで受けることも
トライしていかないと、全て足元とか、
10メートル範囲で動いてもコンタクトを受ければ
すぐに失ってしまうような感じなので
そこは物足りなく感じている。やってほしいなと思う」

確かにパス交換や連動性はなかった
イグノはまだまだフィットしてないからスタメンじゃ無いことはここからも透けて見える
ボールが収まるルーカス復帰まではこういう感じで行くんでしょうね

内容gdgdでも結果が付いてくるってのが上位生き残りの鍵であることを痛感
内容は悪くないといっても勝ち点取れないのが....