桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

セレッソ大阪対大宮アルティージャ 〜シュートひと吹き〜

セレッソのスタメンは松井 高橋 茂庭 上本 丸橋 アマラウ
マルチネス 乾 清武 家長 アドリアーノ
鹿狩りと全く同じメンバーというよりはいつものアズキ定食

大宮は北野 村上 深谷 マト 鈴木 金澤 青木 藤本 市川
ラファエル イチョンス
ラファエルが復活 坪内は戻ってこず イホと石原がスタベン
イホが全く噛み合っていなかった
ということだからでしょうね

開幕戦で対戦したが大宮のスタメンが変わりすぎ
お金あるチームはいいよね(遠い目)


■省エネサッカー

暑い西日が日差しが注ぎ込むキンチョウスタジアムで18時キックオフ
セレッソはいつもの4-2-3-1 マルチネスに指揮された3シャドーの躍動が
攻めのポイントなんですがそれが皆無な立ち上がり

というのも大宮の4-4-2のプレスがかなりキツイ
3シャドーが飛び出せるスペースがない

相性の問題もあるカップ戦含めて5連敗中
大宮とやるときはポゼッションできるのだが
4列2ラインの守備が破りきれずカウンターを
食らって撃沈という形が多いわけで
今日もその再現かと危惧する

セレッソは縦にに出せずに横パス多いのがその証拠
アマラウも家長も狙われてる

パスが通すスペースが無いセレッソ
中盤の家長省略のクロス堀込みしか手がない

大宮は自陣に選手が全て収まる
コンパクトな陣形でのカウンター狙い
立ち上がりから村上のあがりが強烈

ワントップなんで通常も3バック気味な守備ですが
ボールを持った瞬間にサイドがあがりまくる

仙台戦の反省でカウンター狙い見え見え
チェイスザチャンス

それにお付き合いするセレッソ
そんな立ち上がり

ラファエルは本調子やないけどボールは収まる
しかしまわりとの連動がなくて救われてるが
やはりイチョンスは脅威

2度ほど強烈なカウンター発動した大宮
鈴木のクロスからのイチョンスのドフリーヘッドは
やられたと思いました

セレッソは決定機が無い
このままジリジリとした消耗戦かと思っていたら

大宮のチャンス後のカウンター
CBの大海がアドリアーノからのワンツーでサイドからクロス
アドリアーノがヘッドで返したところ
清武の天井ゴールが決まってセレッソ先制

ワンチャンスでゴールもぎ取る
というなんという省エネサッカー

大宮のターンだったから選手はガクッ
やや引きすぎな感じ

大宮が下がったせいか点取った余裕かは不明だが
この辺りからセレッソセカンド取れるようになる

しかし無理しないセレッソ
さらりとした攻め方に終始

ボール持ってるけど相手の穴を見つけたら
一気にギアをあげて前に行くという感じ

それ以外はアイドリング的なパスをするばかりで速さも無い
相手に会わせる合気道という感じ
それで体力を奪っているテーストかしら

対する大宮せっかくの高速カウンター時も前の枚数が足りない
清武のナイスクリアに終わったカウンターチャンス
イチョンスはシュートでも良かったのでは?
ラストパスの精度の甘さが気になる

最後の最後が会わないのは初めての組み合わせの2トップだからか

さほど大きな決定機もなく眈々と前半終了

気候を考えると1点勝負だろうね
お互いに選手交代なく後半開始

■大宮のスイッチ

前半金澤がガツガツ来てたことでとあることを思い出す

今日の主審なら退場あるのではと
岡部主審は先月末3-0の完勝だった山形戦の主審
アドリアーノが2枚の警告で退場した
あの主審でございますから

ファンタジーなお方なんでね

前半終了前に藤本がえらく削って警告貰ったときに
カード祭りが始まるかと思ったわけですよ

後半立ち上がり金澤がアマラウファール
笛が鳴った後ボールをけりだした藤本
遅延行為を取られて警告 2枚目で退場

あまりのファンタジー振りに場内騒然
食い下がる藤本 なだめる茂庭

大宮は4-4-1

ここからは完全にセレッソのターン
攻撃すれどもすれども点が入らない

早い時間に2点目とれれば息の根を止めれるのだが
大宮が数的不利を感じさせないサッカーでしのぐ

ラファエルのシュート怖すぎ

ここでふとある事を思い出す
大宮って浦和とのダービー前半終わりで数的不利だったけど
そのまま逃げきってたよな

どうやら大宮のスイッチを入れてしまったようです
村上のクリアは凄かった

大宮はセカンドから何度もゴールを伺う
4-3-2が機能してる

お互いに取られ方が悪くてなんともいい難い展開
ぶっちゃけ凡戦だな

セレッソはほぼハーフピッチゲームなのに決めきれないのは大問題

途中出場したイホのプレゼントバックパスをすくった
アドリアーノが流し込んで試合を決定づける2点目を決めたが
いつぞやのエンタの神様の「不満だー」といいたくなる攻撃陣

守備陣が頑張ってるだけに早めに点を取って楽な展開にしたかった
最後の最後がずれているのは問題でございます


■ひとりごと

結局8月を無敗で乗り切ったセレッソ
魅惑の3シャドーが注目を浴びがちだが
その功績は守備陣の踏ん張りだと思う

いい守備が出来てるからいい攻撃が出来る
攻撃がフィニッシュで終われているから
守備の準備が出来る

お互いに信頼関係が出来てるんですよね
茂庭が前が点取ってくれるから1点で抑えれば何とかなると
考えられるから1対1での守備でもゆとりが持てる訳だし
前線からの守備も出来てるから後ろも楽なはず

問題は攻撃の精度 得失点稼げるチャンスだったもんな
もっと老猾にならないと上にはいけまへんで
クルピ監督の雷に期待します


追伸
セレッソも上を目指しているので
自分の観戦記も上を目指すためにテーストを変えてみました
日々進化していければいいんですけどね....