桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

トライしないと始まらない

昨日の代表戦で目に付いたのは
オランダ帰りの本田

確かガンバユースの出身だから
凱旋試合になる

前が開いたらシュートを打つ
そんな哲学が垣間見たシーンだらけだった


本田はい上がった!6・6W杯任せろ…キリンカップ
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20090528-OHT1T00053.htm

鮮烈な左足が、日本のゴールラッシュのスタートだった。
前半20分、MF本田の武器がうなりをあげた。
岡崎からのパスを受け取ると約30メートルの無回転ミドルシュート
ぶれ球をGKが弾いたところを岡崎が押し込んだ。日本の先制点だ。
「前が空いたら打つ。そんな場面そうそうないですから」
オランダ2部・VVVでは16ゴールをたたき出し、年間MVPを受賞。
海外で身につけた得点へのあくなき飢えが、日本を勢いづけた。


私が好きな言葉が
「打たないシュートは入らない」

やっぱ打たないと絶対に点は入らないですよ

昨日の本田語録を集めてみると


トライしないと始まらない

これぐらいの相手に勝てないと世界では戦えない

僕と俊さんでは責任も違うし求めるものも違う。
ただ、俊さんにないものも僕にはあると思う。そこを出したい


散々書かれましたからね。見返してやろうと


コンタクトだけならオランダ2部の方がはるかに強い。
特に僕にはスペシャリストをぶつけて来ますから。


この代表はパスの選択が多過ぎる。

もう少し個人技でリスクを冒してもいい
僕は、そういう役割を担えると思う


と言うコメントを残した本田選手

これくらいビックマウスをいう選手のほうが好きだわ
それで自分を追い込むのもひとつでしょ


昨日シュート数トップだった本田
その積極性に今後期待しましょう

追伸


今日のニッカンに両腕に時計をしていることを
記事にされているのですが

「誰が時計は片腕って決めたん?」 という発言は
マジだったんですね