桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

奈落の底

言霊ってあると思うんですよね

(1)地獄の底。「―に落ちる」
(2)底の知れないほど深い場所。
(3)抜け出すことのできない困難な立場や身の上。
「―から再起する」
(4)物事の最後。

これが奈落の底の意味ですが

この使い方おかしくないですか?

12月6日は川崎フロンターレ戦東京ヴェルディ公式)

今シーズン最初の対戦は開幕戦、1点を先制されたものの

最後の最後で追いつき、優勝候補を相手に1−1の引き分けに

持ち込みました。
J1に残留するため、優勝の望みをつなぐ川崎フロンターレ

開幕戦と同じようにこの試合でも奈落の底に突き落とす

必要があります。

現状勝利しても自力で優勝のない川崎は

負けて奈落の底に落ちるわけじゃない

そもそも奈落の底という言葉は

地獄の底と同じ意味だから

落とすというよりも引きずり込む

という意味が強いように思う

これって降格しますわっていう言霊でしょ

クールポコに決め言葉いわれそうだよな