桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

絶体絶命

以前にも こんな特集 をしたのだが

完全に危なくなってきたのが

大分トリニータ

昨日またこんなニュースが

2つ飛び込んできた

まず一つ目

J1大分が経営危機 2億円の公的資金注入を要請(アサヒコム)

J1大分が経営安定化を図るために設置した経営諮問委員会が14日、

答申をまとめてクラブに報告し、そのうえで、大分県に2億円の公的資金注入を要請した。

2つ目

小室さん、スポンサー料払って−−7000万円滞納、大分が経営難に

約3億円の債務超過に陥っているサッカーJ1・大分トリニータについて、

3月までメーンスポンサーだったミュージシャンの小室哲哉さん(46)が

実質的に経営する「トライバルキックス」(東京)が、7000万円のスポンサー料を

滞納していることが14日分かった。

昨年夏からのメインスポンサーだよね

小室の生活苦は週刊誌にも載っていたが

これは決定的な話しですよね

大分的にも大打撃ですが

小室にとっても大打撃でしょうね

これ がその諮問委員会の全文内容

リアルな経営内容が浮かび上がってくる

マルハン(0.5億のはず)が来ても財務内容は好転していない

すごいことが描かれているのでいくつか抜粋

昨年度決算ベースで累積損失7.3億、3.4億の債務超過(=赤字)
借入金が7.5億、未払金が1.5億円にも

上っているなど経営は極めて厳しい状況になっている。


大分の事業規模はJ1リーグ最低の18億円規模(平均は27億円)

これからは外国人選手のコストを削減する一方で

クラブ育成型のチーム編成で運営して再建を図る

今期メインスポンサー不在なので運転資金が

切迫した今が足りない今は6億円の借金でまかなう

営業部門は、スポンサー営業に偏重した体制から、

後援会組織との連携を強化してチケット収入を

向上させる体制へシフトすること

チケット売り上げを倍増させて安定の安定を図る

(最終目標6.6億 新潟の半分)

赤字増加の原因は、金融機関からの資金調達もスムーズに運ばず、

株主やスポンサーからの借入に頼る状態が続くこととなったことが原因

原則として単年度経常収支の黒字化の早期実現を目指すべきである

金管理をはじめとする経営危機意識が極めて希薄な状態が

公的支援を要請せざるを得ない事態を招いた

県民に対してこれまでの経営責任を明らかにすべきだ

資金ショートのための緊急の2億円については

9月21日までに調達できなければ

同FCの存亡にかかわる事態が予想され

今の(株)大分FCの財務状況では民間からの調達は不可能である

ことから、公的支援をしてもらう必要がある


まさに絶体絶命だよな

分析すると昨年一年間で

今までの赤字が倍増したことになる
単年度で3.4億赤字だ 

しかも緊急的な借金が6億あるってことは
この時点で破綻 のレベルだよ

ペイントハウスの撤退がすべての原因か

チケットが売れる保証が無い不安定産業だもんね

報告書にもこうある

シーズン当初には経費の9割以上が決定される一方で、

収入は1割しか確実に見込めない


確実に選手年棒は出て行くが

チケットの売れ行きは実際に売れるまで

わからないものですもんね

やはり大分の経営が苦しいのは親会社がいなくなったことだろうな

それと経営の甘さか

Jの強豪は親会社の存在があるもんね

チームの創設時からメインスポンサーだった

ペイントハウスが昨年夏に撤退

年間3億円の収入を失った

どこかで読んだが当時確かスポンサー総額の半分だったはず

その分と小室未払い分が赤字の合計になるのか

でもなぜペイントハウスが地元企業ではないのに

大分FC創設時からのメイン株主だったのか?

くぐってみたがよくわからない

星野元会長の出身地でしょうかね?

報告書にも県内スポンサーは多くないともある

観客は多いが地元熱はあんがい高くないのかも

でも大分のようにメインスポンサーが無くても

がんばっているチームはある

先の報告書にもよき見本としてあげれれているのが

アルビレックス新潟ですよね

この前NHKで新潟の特集をやっていたのだが

チーム運営の数字が挙げられていた

新潟2005年予算

収入

チケット収入11.8億

スポンサー8億

Jリーグ分配金2.3億

グッツ1億

後援会1億

etc

合計27.7億

支出

チーム運営費15億

試合運営費3.8億

一般管理費3億

etc

合計27.5億

2000万の黒字になる予定とのこと

チケットの力はやはり大きいね

客が入ると増えた分は絶対に利益だもの


大分は平均2万動員しているから

倍増できればメインスポンサーの穴は埋まることになる

やはりチケット売り上げを上げることと

ユース強化を図ることが勝負でしょうね

助っ人や監督の入れ替えは即効性があっても

長い目で見るとやっぱり無駄なんだよね

昨年末に冷静に数字を見れれば

このような事態が来ることはわかっていたと思うんだが

やはりマグノアウベスは売っておいたほうが良かったのかもな

昨日の話題のように原因を探しても過ぎた時間はもう戻らない

これからどうするか そこに懸けるしかない


こうなってくるともはやオールスター開催どころの問題じゃない

J全体の問題になる可能性がある

(奇数チームでの開催も現実的に そうなりゃ昇格枠拡大か?)

まさにオールスターが大分での最後の祭りになってしまう可能性が出てきた


21日まであと少し

運命のファイナルカウントダウンが始まる

どうするトリニータ

大分県の対応がすべてをにぎる