桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

勢いの差神戸対鹿島@スカパー

今季無敗で安定感を誇る鹿島と 開幕戦以降か勝ち星のない神戸

レオン体制の実質デビュー戦 注目してみてみた

スタメン

鹿島は深井 新井場 鈴木が故障中

でも中心線は代わっていない

神戸はホルヴィーがインフルエンザでダウン

三浦淳がトップ下

おそらくこの感じがレオンの基本なんだろうか

シンプル コンパクト ポジショニング重視がコンセプトらしいが

相変わらずパベル監督より目立つ三浦兄

今日はネクタイしている 

30阿部20丹羽18薮田28河本9エムボマ
1掛川
4北本15室井2松尾
5菅原8佐伯
7パク6ホージェル
17三浦淳
11カズ13播戸
9アレックスミネイロ
25野沢
10本山8小笠原
16フェルナンド24青木
18石川4大岩15岩政5アリ
21曽々端
29杉山26増田17内田23興梠19田代

で神戸ボールでキックオフ

立ち上がりから積極的な神戸
気持ちは入っている模様

鹿島はカウンター
鹿島CBは完璧にFWマーク


攻めはロングフィードからの速攻か
持たされているような神戸


単発な攻撃(ホージェルミドルや播戸ヘッド)はあるもののFWに収まらない
CKやFKからいい形は作るも何かしっくりこない

鹿島守備難いな 3人でしか攻めれない 7人守り

鹿島細かいパスが増えてきた

石川クロス 右から左 BOX内でスペース探し

また石川から 野沢経由 上げてミネイロ

攻めは左から

18分このころから鹿島前線ポジション若干変化か
3TOP気味に 3バックに3TOPか 

神戸の対応が遅れゴール前フリーな選手が出てくる

直後のカウンターから本山エリア内で倒されるも流す

DFカットのこぼれ ミネイロまで行かず
GKからの速攻 小笠原 本山左 から突破 ミネイロフリーも枠外 完全に鹿ペースに
常に前3人がダイレクトパスの応酬でスペースを作り探して動き回る感じか

コーナーナックでも岩政などにフリーで打たれ始める

三浦淳は攻撃の起点担っている ロングパスもあるし
視野が広い セットプレイもいいしでもFWが決めれない

ゴール前で波状攻撃があるもの決定機までいかない

その直後

29分ゴールキックからの速攻 野沢とってミネイロキープ 前へスルー
本山抜け出してゴール
まさに速攻10秒ゴールだ(世界基準)
(イメージはセレッソ西澤浦和戦一点目と同じパターン)

してやったりか鹿島 以外に本山今季初ゴール

神戸は攻めていてチャンスはある

鹿島からいうと手の上で遊ばしている感じか

鹿島無敗の理由が見えた

とにかく前線は動き回る 周りを信じてスペースに走りこむ

そこにパスがくる  あわてるDF陣 

そこにどちらかのボランチサイドバックがあがってきて

前線に加わる さらにあわてるDF陣

しかも動きが早い 

攻めの人数が沸きあがってくる感じだ 

青木の動きはほんとに脅威そう思った

Ckになぜか常に絡む岩政 

堅守速攻 で守りきる これだな今年の強さ


でそのまま前半終了

シュート数神戸10-6 やっぱり多い

ハーフの指示は神戸 攻めとパスのスピードを速めよ 逆転できるという気合で

          鹿島 落ち着いて正確に 受身にならないように 

まあそのとうりでしょう

後半開始だが佐伯に代わり薮田投入

薮田トップ下 三浦淳ボランチ の模様(TVではボランチホージェルといっていたが サイドくさい)

 

神戸は右からの上がりが中心 確かに石川は守備向かなさそう
ラストまで行くがフィニッシュが甘い


鹿島は相変わらずゴールキック後の速攻がすごい

なぜかゴール前に人が沸いてくる


ミネイロはどんな体制からでも打つ

56分北本裏へロングフィード 播戸右からクロス カズ得意な形も枠外

急に裏取り始める神戸 後半は攻勢
左から松尾がいいクロスあげるも

鹿島は速攻重視 青木ミドル枠人ってる


神戸は完全にセカンド支配 波状攻撃続く
鹿島懸命の守り

でも手のひらの上感はある 


その直後野沢とミネイロ二人のカウンター
二人でスペースにパス出し合っての速攻 

最後は野沢が落ち着いてGK1対1をきめてこれで0-2-
この連携すごい これも15秒で点とる 

山本監督きっとこんなの形の攻めがしたいんだろうな

1点目と同じく 相手チャンス後の速攻 2-4人でも点取った

64分カズがエムボマと交代 最近不発が気になる


67分 7人守備3人で攻撃 常にスペースを作りあってるのか

神戸は攻めてるんだけど 中でまわしているだけなのかも
鹿島から見ると別にあわてんでいいしね

策士だな鹿島

エムボマ播戸がボールもつと 2人3人ですぐ囲む

やむ終えず播戸は右サイドでチャンスメイクに専念か でも点取れないよ


80分ミネイロにかわり 内田投入 守りに入った鹿島

時間稼ぎのパスまわし始める

でもカウンターもある 石川上がり 本山パス 左の小笠原シュート

87分アリに代わり田代投入 時間稼ぎか
その田代一人でドリブル突破 シュートまで持っていくし

監督代行じゃない三浦兄はベンチ出っ放し

89分 野沢にかわり 興梠 若手のテストまでする

で試合終了

王者の底力を感じたな

負けなしの鹿島 勝ちなしの神戸 勢いの差を感じた


モチベーションは良かっしチャンスもあった

でも決定力が違う
0-2ほどの差は感じないが 負けているのも事実


結局シュート数は神戸の20-16だし

試合巧者ぶり見てるとあのころ(三冠時代)の鹿島復活だな

湧き出るボランチに注目か

MOMは野沢


ランキング投票お願い(御長居)します