桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

息の止め方 横浜M対G大阪@NHKBS

4月16日(土) 2005 J1リーグ戦 第6節
横浜FM 2 - 2 G大阪 (15:04/日産ス/23,466人)
得点者:'16 實好礼忠(G大阪)、'44 安貞桓横浜FM)、
'73 アラウージョ(G大阪)、'87 大島秀夫横浜FM

 

 

ACLで13連戦中の横浜 前節は柏をうっちゃた1-0勝利

対するガンバは1勝1敗3分け波に乗れない状況

勝ちきれないガンバ 復調気味のマリノスの対決

 

個人的にガンバは今年はじめてみるので楽しみでもある

1松代5宮本30青木24松下18吉原
23日野
6山口2シジクレイ4實好
27橋本7遠藤
15渡辺10二川
9アラウージョ
8フェルナンジーニョ16大黒
11坂田19 安
23 大橋
 5 ドゥトラ 7田中隼
4 那須6上野
30栗原 3 松田 22中澤
21 榎本哲
1榎本達2中西13館林15 大島14 奥

 

新潟戦とまったく同じスタメンのガンバ

連戦のためターンオーバー制のマリノスの感あり

 

でキックオフから超ガンバペース

いきなり二川からうまいパス 大黒打つも外す

坂田フリーでシュートもGK反応
立ち上がり2分でビックチャンス2つ
打ち合いの予感

 

横浜はワイドにサイドから展開サイド
ドゥトラクロス 大橋も打てない
左が中心 右が機能していない
マリノスが支配気味

 

 

ガンバはカウンターに活路でこれがはまる
ダイレクトパス中央突破重視

 

 

アラウージョ 大黒 フェルナンジーニョ
3人でポジションチェンジで速攻
相手パスを中盤でとったら全員前へ向かう
見ていて気持ちいい

 

 

15分フェルナンジーニョドリブルで突破
GK1対1も何とかはじく

直後のコーナー シジクレイ頭で浮かし
こぼれ球 實好が頭で決めて先制
上野完璧せり負け 
213試合目の初ゴール

 

 

 

このあとも裏取る意識のガンバ
遠藤ミドル
中盤からでも大黒打つ

 

 

 

マリノスは攻め手がないから
DFからのロングフィード増えてきた

 

 


38分パスカットからも大橋独走打つもサイドネット
明らかにガンバいいサッカーしてる

 


マリノスの決定期は最初の坂田のシュートしかない

 

43分 那須からの何気ないハイボールクロス
GK対応とするもこぼす
つめていた安がうまく足先当てて同点


いい時間帯に同点だが西野監督は唖然

たった一回のチャンスで失点
まさに乗り切れないガンバ

 


前半終了

個人的にNHKの監督生インタビューが好きだ


西野監督 完璧な残半だった 流れはコントロールしている 
     でも責めきれないアイデアが足りないのかな
          悪くはないので継続する

 

激しく同意
シュート数M8-G10


しまもマリノスの決定期は坂田の最初のシュートしかない

 

岡田監督   支配されていましたが質問に
     コントロールはされてないし中盤は支配されていない
     カウンターでやられてるだけ
     後半は取れるでしょう

 

確かにこういう見方もあるな ボールとられ方が悪いとの判断 

見方の相違って面白い でもガンバ完璧だった

 

西野が動いてきた
渡辺に代わり松下投入
悪くなかったような気もするが

 

ガンバは前線からのプレスがいいんだ
そこから速攻の感じ

 

マリノスは田中がおかしい
クロスあげれないし切り込みもないし

マリノスは左しか使えない状況

 

那須ミドルもロケット


アップ中さびしそうな宮本の表情が写される

 


ガンバ速攻の波状もアラウージョ打てず

 

61分坂田 上野から奥 大島同時投入
勝負か動いてきた岡ちゃん

 

田中からドゥトラへクロスも打てず
大橋サイド切り返しシュート枠外

 

交代後中盤支配してきたマリノス ガンバ運動量落ちてきたような

 

66分二川からスルーパス大黒打つも枠外
ユースからの同僚で昨年の大黒のゴールは7割が2人の連携からとの情報
確かにいいコンビですな

 

マリノス攻める 逆襲ガンバのパターン続く
見ていて面白い

 

73分サイドからワンツーアラウージョドリブルで突破
3人囲まれるも関係ないねって感じでゴール
角度ないところからうまいな
テクニックの勝利これで2-1ガンバ勝ち越し


ドゥトラフリーもロケット
74分熊林 大橋に変わり投入

80分ACL効果か マリノス選手の動きあがらない


ガンバは攻撃が最大の防御な感じ


アラウージョシュートもGKはじく
そのボールにフェルナンジーニョつめてゴールもオフサイド判定
フェルナンジーニョの喜びようかっこよかったけど

 

直後ガンバフェルナンジーニョに代え青木投入

守備固めだが今までのいい流れに水を差さないといいのですが
やはりガンバ引いてきた

 

87分ゴール前のFK ドゥトラ蹴ったこぼれ球
熊林がいいフィード 松田があがっていてドフリーで胸トラップシュート
そのこぼれに反応した大島同点ゴール

 

だから言わんこっちゃない

 

急に勢いを増し勝ち越しマリノス
また松田があがっていて田中の跳ね返り打ち込むも
オフサイド

 

で試合終了

 

ガンバは本当にもったいない試合だった

たった2個のミスで2失点

後味悪るすぎ

本当に追加点のチャンスがいっぱいあったのに決めきれなかった

 

西野監督

前半は、ほとんどコントロールできたと思う。あそこでダメ押し点を取ることが必要だった。

ああいう中で、相手の息の根を止めないといけない。

これは選手たちも感じていたはず。

まして、相手はF・マリノス。生き返ってくるだろうし、いろんなオプションも持っている。

 

まさにその通りですね 

取れるときにとっておくこと でないと生き返ってくるということですね

 

マリノスは連戦にもかかわらず相変わらずしたたがだ

ここが2連覇の底力なんだろうな

 

ランキング投票お願い(御長居)します