桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

ACL 磐田対水原

 ○「AFCチャンピオンズリーグ2005」予選リーグ グループE
4月6日(水)19:00/ヤマハ
磐田 0-1 水原三星(韓国)
得点者:30' ナドソン水原三星

結論 力の差歴然

 

やっぱナドソンすごい でも・・

 

昨日BS朝日でLIVEがあったので見てみましたACL

UEFAじゃないですよ ACLのほう 個人的にA3でナドソンにはまったため

チェックしていました

 

磐田は1節 深セン健力宝(中国)にAWAYで0-1負け

2節 HOMEでホアン アイン ジャ ライ(ベトナム)の5-0圧勝もここは死のE組番外地

3節の水原が最大のライバル(でもその前の負けが痛い)

以前もアジアクラブ選手権のFINALで負けた因縁の相手 

今日負けると自力突破がなくなる剣が峰な1戦

で対する水原は韓国のマドリーと呼ばれているすごいチーム

(私はレアルなんていいません レアル=ソシエダが元祖のはず 略すならマドリー)

監督もシャブンクン元代表監督 

スタメン

4-3-3 意外だな A3のように3-4-3でくると思ったがはっきりとは見ていない

GK イウンジェ   韓国代表
DF マト・ネレティアク クロアチアの壁 
DF パククンハ
DF チェソンヨン  確か元神戸 安部美穂子の夫
DF カクヒジュ
MF キムドゥヒョン
MF キムナムイル
MF キムジンウ
FW キムドンヒョン 
FW キムデイ   元市原 城南時代にA3で点取っていた記憶が
FW ナドソン  昨年KリーグMVP 初の外国人獲得らしい 確か得点王 A3でも大活躍

後はよくわからない 

要するに日韓マドリー対決?

対する磐田

 

 

カレン    チェ
名波
村井成岡
河村福西
茶野田中キム
佐藤

 

毎回面子が変わる2TOP 試合当日に西がダウンして欠場

名古屋戦の中山欠場パターンと同じで苦戦が予想される

左しか使えないような予感

 

でキックオフ

印象を箇条書きで 

 

立ち上がりから左サイドつかれ放題 名古屋戦再びか

成岡の裏取られていきなり決定的シュート キムが体でクリヤ

再度左からのクロスにナドソンボレー 何とかはじく佐藤 

ここまででまだ2分

A3同様頭からパワープレイ炸裂

 

落ち着いてきたと思ったらエリア内でセットプレイ後キムがハンドでPK

ナドソンのPkを佐藤セーブ キーパー動くタイミング早かったような

 

右CKから水原フリーでヘッド 入ったと思ったが左ポストにあたり跳ね返る

 

今日の磐田ものすごいついてる

 

磐田は単発な攻めはあるFWに収まらない

 

水原からのナドソンへのロングフィードをキムが空振りで ナドソン1対1

落ち着いて決める 0-1あっさり先制

 

場内に悲鳴と沈黙

 

磐田は左の村井だけががんばっている印象 えぐってクロスも福西合わず

なぜそこにいるの福西 さすがダービー温存しただけはある

 

キムのFkとこのシーンだけだったような 前半のチャンスは

 

後半選手交代なしでキックオフ

戦略変えないのか磐田

 

53分藤田(成岡OUT)投入で流れが変わる 攻めにリズムが出てくる

なぜスタメンからいかない スーパーサブ扱い?

 

でも水原が引いてきた予感も 分けなら御の字作戦

 

相変わらず前に収まらん シュート数少ない試合

水原はFKでもCKでもヘディングなどで終わるが磐田はそこまでもいかない

 

攻めのためカレンに替え中山投入

でも前まで行かない

FWの交代ならチェのほうがよかったのでは カレンはファールもらってたし

 

名波に替え川口投入 

藤田TOP 下に川口サイドにでもチャンスまでいかない

 

で試合終了

磐田シュート数5 水原17 これがすべてでしょう

 

ナドソン確実だな冷静さは でもキムのミスがすべてだったような気がする

Jで見たいような 

水原10番キム ドンヒョンはうまくて早いし 2番マトはセットプレイで絶対頭当ててたしうまかった

 

万が一磐田の運がなかったら0-3くらいになっていたかも

中盤の運動量が違うしプレスも早い 

磐田は福西と村井しかいなかったかも

キムと茶野はちんちんされてるし 

 

前がプレスに終われ下がってくる 前に出しどころがない

速攻できない パスミス の悪循環

 

苦戦が続くかも

 

 

試合後コメントも

BS朝日解説の川添さんが『攻守にわたって何もさせてもらえなかった』この発言がすべてのような

 

車監督 『磐田は以前より攻撃の華やかさがなく、それほどではなかった』

藤田「今日はやられたという感じが残った試合」

中山「前線も中盤ももっと動いてパスコースをいくつかつくらないと」

福西「相手がくるのは分かっていたが、ダメだった。点うんぬんというより、形にならなかった」

 

山本監督『前線で圧力かけられると、下がり加減になってしまうので、その辺の修正、判断力というのをグループとして磨いていく必要がある。 ただ、今はコミュニケーション不足があるので、もう少しあげられると思ってますけど』

 

すごい温度差を感じる 

スコア以上の大差を感じた試合だった  

 

トヨタカップでは会えないと思いますね 磐田とは

 

仙台対横浜FCの録画放送 ナイターで放送ずれててLAST15分見れず かなり鬱