桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

フットボールアンチクライマックス

誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ みんなの願いは同時には叶わない

http://www.youtube.com/watch?v=gqPXNz_h8J4&sns=em

この言葉が今更ながら突き刺さる

中村憲剛のブログが重い

感謝。 http://nakamurakengo.cocolog-nifty.com/message/2014/05/post-6735.html

昨日は朝4時まで眠れませんでした。 この4年、ここに入るためにいろいろと頑張ってきたんだなって。 そこに入れない、行けないって決まった時のあの喪失感は一生忘れられないと思います。 なので、これは怒られてしまうかもしれませんが、本当に一瞬、一瞬ですがどうでもよくなりました。ACLもリーグ戦も何もかも。 ただ、どんなに最高な日でも、どんなに最悪な日でも、必ず次の朝は来るわけで。 練習があったり、試合があったり、奥さんと話したり、子どもたちと話したりと日常に触れていきながら少しずつこの事実を消化していけるのかなと今は思っています。

中略

今日、ACLの公式練習でボールを蹴ったら、その瞬間は落選したことを忘れていました。 ああ、サッカーって楽しいなって。サッカーって凄いなって。 だから、ボールがあれば、サッカーがあれば俺は前を向いていけると思っています。 今まで辿ってきた道は間違っていなかったと思うし、今までやってきたことに悔いは一切ないので。 そして本日、予備登録メンバーに選んでいただきました。 でも、呼ばれるということは、23人のメンバーに何らかのアクシデントがあるということです。 俺はそれを望みたくはない。でも過去の例を見ても何が起こるかわからないのがW杯です。だから、その時のためにしっかり準備をしておくのは登録メンバーに入った者の義務だと思います。

。゚(゚இωஇ゚)゚。

大久保サプライズの時の映像 自分は正視できない

憲剛の顔が脳裏に焼き付いてしまって 喪失感出てる表情でした

ただ、どんなに最高な日でも、どんなに最悪な日でも、必ず次の朝は来るわけで。

それでもフットボールは続いていく まさにフットボールアンチクライマックスだよね

http://www.fujix.co.jp/varietyfootball/column/inter_05.html

Jスポーツの伝説ドキュメンタリー番組 番組月一くらいで復活してくれんかな

昔は選手ブロクとかなかったから 選手や監督の心情なんか 知る由もなかったけれど 今でも面白いと思う

放映権あるから予算かけんでも いけそうやろし

真司は南アフリカでの経験があって 飛躍して行ったわけですか 予備登録のモチベーションは難しいよね

準備しないといけないけど ある意味誰かの願いが 叶わなくなるわけで

蛍とヨーイチローの選出 南野の予備登録はええ話だけど 素直に喜べないわ

そりゃモリシANDアキとユンの 02年以来の選出だけど

いけなかった人の想いを背負って いかんとあかんやろね

どうせ倒れるのなら ブラジルでも前向きに倒れましょう

追伸 欧米では30人から23人にしてる場合 多いけど 日本は無理やろね

カズの時も衝撃的だったから