桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

勝つこととはつまり負けないこと

孫子の兵法の解説書読んでる訳です

経営者の愛読書という理由が 見えてきてる

結果的に美しすぎるくらいの ジンクスの継続と天敵に撃沈された訳であります

おもてたんと違う4バックでしたが 予想通りの塩試合

いつもと同じ内容で仙台に完敗でごわす

試合直後のタイムラインでは ポ将のアレについて話題でしたが
自分は数少ないであろう擁護派

とりあえず前向くしかないやん 戦力が上とはおもてない

ただ慣れて来た3バックを 玉砕したからと言って 変えたのはなんでだろ

そのことを今日はぼんやりずっと考えた

今日の孫子の兵法読んでたらこんなこと書いてた

勝つこととはつまり負けないこと まずは負けない守備隊形を築くことが大事である

うむー

誰の指示で水巻いたのかと

広州戦 怒りの後半二枚替えはまちがってない でも今回の4バックはアレだよね

3バックは単なる気まぐれだったのか フォルランが機能してたのに 何故の嵐

会見コメントみたけど

【J1:第13節 C大阪 vs 仙台】ランコポポヴィッチ監督(C大阪)記者会見コメント(14.05.10)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00172491.html

バーベキュー始めるのか うわーあの大宮戦がポイントになってる

昨日は完全に仙台の罠にはまった いうほど決定機あったっけ

対する仙台渡辺監督

前半の試合の入りは、確かにC大阪さんの攻撃に押し込まれた部分があったとはいえ、決して選手はひるむことなく、バランスよく守りきることができていたと思っています。そのなかで、チャンスは少なかったが、前半から隙を突いて仕掛けて行こうという姿勢は、存分に見せられていたので。そのあたりが、後半の梁(勇基)の決勝ゴールにつながったのかなと思います。最後、何度か危ない場面もありましたが、選手が本当に集中して守りきってくれたというところは、選手の成長を感じています」

守って囲んで、最後に隙をついた試合 負けないサッカーをしてた訳だよね

策士なんとかに溺れるだわ……

さらにこんな話題が

C大阪フォルラン広州恒大戦に同行せず http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/f-sc-tp1-20140511-1299553_m.html?mode=all

 13日にACL決勝トーナメント1回戦第2戦、広州恒大戦を控えるC大阪が11日、広州入りした。ウルグアイ代表FWフォルラン、DF酒本は同行せず。ルーキーDF小谷の初のベンチメンバー入りが確実となった。  C大阪はホームでの第1戦で1-5で大敗。準々決勝に進出するためには、大量得点での勝利が必要となる。ポポビッチ監督は主力2人を同行させなかった理由について「日程を考えた。試合数も多いので、休ませないといけない。次の(17日の)浦和戦がある」と説明した。

シャケが「ら」扱い(白目 これで柿谷トップの新井場システム確定ですよね

ブリーラム戦の再現ですか もしかしてもしかするのか

もやもやしたまま 明日は運命の代表発表日

公式大丈夫なのか…..



20140511-233148.jpg