桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

J1:第11節 名古屋グランパス vs セレッソ大阪レビュー

立ち上がりの入り方が….. 決定力が…..

試合終了後のにしのんの疲れきった顔が 今だに脳裏をかすめてしまいます

昼間余計なことをしたので更新が遅くなりました

ACLプレビュー前にレビュー書かないと 永遠に振り返れないので
いろいろ振り返ってみる

まずは相手目線のにしのんのコメント

「同じようなことばかりコメントしなければならず、非常に悔しい思いでいっぱいです。今日の試合で、チームが改善されていない、そしてチーム力を上げきれていないということを実感しています。 数的有利な状況の中でも打開が出来ず、流れの中で決めきれませんでした。個に頼るのではなく、チームとしての攻撃の改善や修正をしていかなければなりません。全員でチャンスを作るためのポゼッションやグループでのコンビネーションは出来ていますが、最後の一歩で決めきれていません。そのように決めきれないのであれば、更にチャンスを作らなければなりません。今はあまりにも決定力がないということを痛感しています」

センターバック入れ替わりの中ふんわりとした立ち上がりでいきなり失点 pkで追いついてイケイケだったが 決め切れず試合終了という感じ

続いてポ将

「素晴らしい試合でした。前半立ち上がりから主導権を握れました。ただ、前半1点を取った後にもチャンスはいくつもありましたし、それを決めきれていればもっと楽に運べた試合でしたが、内容に関しては質も非常に高かったですし、結果も出ました。これを継続していくことが大切だと思っています。非常に若い選手が多いチームなので経験も浅い部分があるのですが、試合ごとに連係などチーム力の部分が高まってきていますし、これからもっともっと良くなると感じています。今はこういう日程でトレーニングも強化のためのトレーニングをする時間があまりないのですが、コミュニケーションを取りながらお互いの理解を深めることはできていますし、チームとしての質がその点で上がってきていると感じます。先ほども言いましたが、大事なのはこういう試合を継続することです。また次の試合でこの試合よりもいい試合を見せられるようにしたいと思います。

2点目決めてたら勝てた試合だけど エースが決めたことに意味がある

流れでは失点しないパターンも継続 数的不利になった時点でアチャーとおもったが 何とか勝ち切れた

俺の丸橋の黒髪効果半端ないって 後は扇さんのロングパスも効果的

3バックで前線にスペースができたことで 連携が明らかに良くなってきた

アーリアではなく南野スタメンだったことは驚きの材料だった ポ将は自らの哲学ほんまに投げ捨ててきたのかもしれん

攻撃モードが南野シャケで 守りモードがアーリアイバさんなのかもね

天敵で嫌な悪寒してた玉田 やっぱり怖いわさお 恩返し弾のえだむーの決定力には救われました

よーさんも同じことなんだけど メンタルなんだろうねえ

レビューに面白い文があったので引用

重要なのは決定力ではなく、「最後の一歩で決めきれていない。ならば、さらにチャンスを作らなければならない」という点だろう。決定力とチャンスの数。その両方が十分に備わっているのがもちろんベストだが、今の名古屋にとっては後者の充実の方が大切なように思える。決定機を増やすこととは、つまりは自分たちの攻撃の「型」を明確にすることに他ならないからだ。意図のない散漫な攻撃から生まれる決定機は少ない。そのような偶然に頼っていては未来もない。

故障者多いからしゃあないやんといいたいけれど ゴールは偶然産物では無いのも事実 決定機の数がゴールに比例してるわけだもん

山東 大宮 神戸 名古屋 3バックにして 4試合 いろいろ見えてきたこともある

これを熟成して行けば いろいろ出来るかもしれん

7試合ぶりの勝利は格別でした 問題点は山積みだけど ひとつづつ解決していけばいいのでは

こういうシーンがこれからもたくさん見れますように

www.jsgoal.jp/photo/00130800/00130809.html