桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

もったいない試合 神戸戦レビュー



20140427-223825.jpg

題名は産経新聞に乗ってた新井場選手のコメント

連休モードのドタバタでさっき試合見終わりました どのように考えるかですよね

勝ち点3を逃がした試合と考えるか 悪夢のFC東京戦からよく立て直せたと考えるか

コップの残りの水はまだこんな残ってると考えるので ポジティブシンキング派なので後者の考え方ですわ

リーグ戦勝ちなしと言われるだろうけど 絶望感は無くなってますから

ネタバレしたくなかったのでメディアも タイムラインも見てないけど 思ったことをまとめてみる

何もできなかった東京戦 山東戦対策でおそらく3バックにしたんですが これは家長投入くらいのアタリの予感ですよね

昨日のセレッソは3バックというより5バック 陣形をスライドさせることで4バック 3バックと 変幻自在のサッカーをしてきたわけです

ポ将はポゼッション重視の攻撃サッカーを 追求してきた訳ですが裏を狙う形もできず
フォルランとの連携もあんまり
サイドの連動を目指すというよりは 横パス祭りの遅攻だったわけでございます

確かに2失点したけど流れでは崩されてないし 染谷アンカーで真ん中から崩されなくなった いい守備からいい攻撃もできるようになった

攻撃の人数も少ないんだけど スペースがあるので いろいろで出来るわけです

まだミスマッチシステム導入から二試合目であること ACL帰りの中一日のチームでは健闘したこと (広島 マリノス惨敗 ホームの川崎は快勝) 目指すべき方向は見えてきたようなきがします

大事なことはフォルランが爆発し始めたこと

明日動画プレビューするつもりだけど 金田さんの2点目の反応が面白すぎる

何回見てもにやにやしてしまう (アシストさりげなくイバさん)

フォルラン守備をしないで 攻撃に専念できるポ将の理想を捨てた 現実的なシステムには可能性あると思う

そういう意味で明るい兆しが見えてきたと思うんですけど ポジティヴシンキングですか←