桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

3バックへの大転換?

今朝のスポニチにこういう記事が出てました

警官100人!C大阪 敵地でのACL大一番へピリピリ初練習 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/04/22/kiji/K20140422008019060.html

紅白戦では主力組が従来の4バックから3バックに変更。山下、染谷、カチャルが最終ラインを形成し、2シャドーには柿谷と長谷川が入る。1トップのフォルランは「かなり気合が入っているよ」と腕をぶした。新布陣で決戦に臨むことが濃厚で、なりふり構わず勝ち点3を奪いにいく。

チャイナのアウェーっぷりには驚かないけど 3バックへの転換濃厚ですよね

2010年も限界感じてたところでの 家長の起用で流れが変わったんだよな

くぐってみると7節の湘南戦 J2時代から使っていた3421から 4231へ転換したんだけどこれが大当たりだったわけでございます

それを元に戻すいう感じだよね

あんまり思い出したくないFC東京戦 決定機は杉本ヘッドくらいだった

後半はシュート3本で眠ってました

ポ将のコメント今初めてチェックしてみる

「60分までは、非常にクオリティーの高い試合をお互いがしていたと思います。試合を振り返ってみると、勝負どころではお互いがミスを待つ展開だったと思います。相手の犯したミスを生かし切れず、自分たちが崩してつくったチャンスも生かし切れなかった。逆に、相手には私たちが犯したミスを、しっかりと生かされて失点してしまった。この試合で、それが私たちに足りなかったことだったと思います。決定機を生かすところ、相手のミスを生かす部分。そういった勝負強さが足りなかったのではないかと思います。最後のフィニッシュのところで相手のミスから私たちがチャンスを作った時、または私たちが崩して作ったチャンス時に体のキレがないように感じた 。このタイトな日程の中で戦ってきた疲労が蓄積しているのかもしれない。それとも違ったところに問題があるかどうかはこの後分析しなければいけない。私たちにはそれが足りなかった。」 「試合前の狙いとしてはサイドを起点にして攻めていく狙いはあった。それが毎回うまくいくとは限らない。相手の状態がどうなのか、逆にうちの選手がどうなのか。そういったファクターにもよる。プランとしてはあそこのスペースを狙っていく共通理解を持っていた。前半もいくつかサイド攻撃からチャンスをつくって、最後にボールに触れていればというチャンスがいくつかあった。東京の戦い方は、うちのパスを引っかけてカウンターを狙っていた。私たちもミスをしないように、まずしっかりとボールを動かすことが大切になる。ボールを動かしながら背後を突く動き 。相手の最終ラインの裏をとる動きをもっと増やしていかなければいけない。試合を観てもらえれば、分かると思いますが、ゴール前で相手を崩してシュートを打つ場面で体のキレがなければ相手のブロックに引っ掛かってしまう。紙一重のところではありますが、シュートを打ち切れるのか、それとも相手DFに捕まってブロックされてしまうのか。今日は普段よりもキレが足りなかったと思います。相手のゴール前でより良い判断をしなければいけないし、数的優位の局面をつくりながらもヒールキックや軽いプレーで相手にボールを奪われた場面もあった。それが次への課題であり、我々がやらなければいけないことだと思っています」

疲労と違ったところに問題があったということやろか

ミステル目線でも確認

「先制点が入った時に流れが変わったと思います。先制点が決まった時にはまだ4-3-1-2でプレーしていました。その後、サイドバックがどんどん上がりだして相手も前がかりになってきたので、中盤の選手の対応が遅れてしまった。そういった面でサイドをしっかりとケアした。相太が前線にしっかりと張っていたし、武藤は背後を突くプレーをしていた。だから、4-4-1-1のフォーメーションを組むことで対応できたという風に思っています。最終的には、あと3、4回ゴールを奪えるチャンスがあったが、疲れもあったのかもしれません。最終的にはゴールには至らなかったのだと思います」 Q:徳永選手と米本選手がうまく相手サイドを封じているように思いましたが、どのような印象を持っているか? 「試合前に、しっかりと準備をしていたところです。相手の両サイドバックが積極的に上がってくるので。ディフェンスラインに高橋が入って、しっかりとサイドバックを高めのポジションに押し上げ、相手のサイドバックとの1対1に対応させた。中のボランチの選手に関してはインサイドハーフの2人にケアさせた。しっかりと準備をしてきたことが試合の中で見えたのだと思う」

サイドで数的有利を作らせなかったこと 4411への転換が大成功だったということだよね

2010年と2013年 サイド攻撃が機能してたのは 家長 シンプリシオというタメが作れる選手がいたから

いないなら3バックでサイドバックあげればいいやんということ? 最近失点多いんだけど あかんときの2バックで 守備が波状してるもん

いい攻撃はいい守備なんだけど 悪い攻撃が悪い守備を産んでいる状態

変えていいんじゃね 自分はモイモイ擁護派だったけど←

報道を鵜呑みにすると

   フォル  曜   ア   扇 蛍 丸  染  鮭   ゴ  山  ジンヒョン

この前効いてた感じも見えた 染谷アンカー的な3ボランチでもできそうな 3バックなのでは

カウンターモードでー行けるわけだし ラブちゃんはハンパ無いけど 行くしか無いわな

先制さえ出来れば流れは変わる いろいろ楽しみでごわす



20140422-235141.jpg