桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

C大阪 大物フォルラン獲得の舞台裏 面白いサッカーへ先陣

今日の日経に記事が掲載されてました

C大阪 大物フォルラン獲得の舞台裏

内容は以前読売でも公開されてた話です ブログネタにしようとして忘れてた

2/25の読売新聞に掲載されてたんですよ 岡野社長のインタビューが

面白いサッカーへ先陣


20140415-093344.jpg

この記事の方がインパクトあるんだけど ブログ引っ越しの騒動で書く時間がなかった

今更感はありますが二つの記事をシンクロさせて まとめてみる

岡野社長の好きな言葉が   笑顔に勝る化粧無し

お客さんが足を踏み入れたら笑顔で お迎えできなければいけない スタジアムも同じ  笑顔で接し 喜んで帰って貰ったら 必ずまた来て貰える

大阪ダービーは試合はドローでしたが フォルランのゴールという要素での笑顔はあった

商売というのは顧客満足が必要なワケだよなあ

大切なのはいかに支出を減らすのではなく いかに収入を増やすかということ

3%増税を嘆いて節約するよりも 3%収入を増やすことに努力する方が大事だもん  

2シリーズ制度よりも 一番大切なのは 面白いサッカーをみせること

岡野社長はその先陣を切ったわけですよね

柿谷フィーバーからのセレ女動員という 新規顧客増加を体験してそのことに気がついたと

昨年グッズ売上3億だったのに 今年は1ヶ月で1億!

ユニホームのオンライン販売でも えっ!ユニ販売数量少なすぎ? とおもったけど 案の定みちる

知っているとわかっているは違うわけで 習うより慣れろで世界基準の数字になれていくしかないなあと

ヤンマーの金庫開いたとおもたんだけど 首脳陣と選手の入れ替えで自前で5億円浮かして フォルラン獲得したということだよな

育成は企業で言う研究開発部分 その軸はぶれてはいけないということで 社団法人の運営費8億円  その数字に驚いた

桜色舞うころ旧ブログで セレッソアイデンディを 節約とだけ考えていた あの時の自分を蹴り上げて ジャンピング土下座しないといかん

岡野社長様ごめんちん

井の中の蛙ではだめで露出していかないと あかんということだよな

勉強になりました