桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

前半の浦和 後半の東京に感じた妙な既視感と危険なスコアの怖さ

BSでムリキ見るために見てたんですが、前線に動きがないですよね。浦和のサッカーは

トーキョーの4バックと3トップ的な浦和 動かないと浦和の前線にボールが入るわけない

支配しても点とれなくてカウンターくらって、さらに前がかり

しかもトーキョーは4バックの二列守備で攻撃は2人任せ

浦和もほりこむだけでは山脈系のトーキョーを崩せないけど、カウンターくらってばかり

どこかのチーム思い出してる

浦和の失速は秋の季語と思うんだけど

精神論が必要なのでミシャマンネリズムを変えるために大熊さん如何ですか←

危険なスコアの次の点がどっちに入るかですが、後半トーキョーが受け手に回って押し込まれはじめて槙野の個人技からの二点

トーキョーは楔できなくなり、守備に翻弄

そして阿部ちゃんの跳ね返りを李さんが決めて浦和逆転

危険なスコアの恐ろしさを痛感

浦和押せ押せというよりもトーキョーのスタミナ切れというか采配の限界なのかもな 三枚変えるの早いし、交代選手消えてるし

JFKと大熊さんと入れ替えたら←

早野乙さんが「ムリキは(力が抜けてるので)リラックスって名前に変えたほうがいいですね」

これは見ていてよかったです☆~(ゝ。∂)