桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

「オリックス」「セレッソ大阪」「大阪エヴェッサ」夢コラボで大阪湾岸エリアを盛り上げる!

賭博スルーリーグで開幕ロケットダッシュを飾った俺のオリックス 久しぶりに舞洲ネタをば

オリックス」「セレッソ大阪」「大阪エヴェッサ」夢コラボで大阪湾岸エリアを盛り上げる!http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/520540/

オリックスがサッカーJ2のセレッソ大阪、バスケットボールの大阪エヴェッサと“大同団結”し、大阪湾岸エリアの舞洲地区を盛り上げる。オリックス大阪市から運営委託された舞洲地区に神戸の二軍施設を移転。すでに起工式を終えて来年から運営をスタートをさせるが、これによって舞洲を練習拠点にしてきたセレッソ、今年4月から本拠地にするエヴェッサとのコラボ案が続々と浮上している。 25日の開幕戦を控えるオリックスだが、一方でビッグプランがスタートしている。オリックスは昨年12月に大阪市から舞洲野球場を6400万円で買い取り、近隣の10万4449平方メートルの広大な敷地にサブ球場、室内練習場、トレーニング施設、選手寮を約30億円かけて新設する。2月24日に起工式が行われ、出席した西名球団社長は「3者(オリックスセレッソエヴェッサ)で一体となって、スポーツアイランドにしていきたい。ただファンがサインをもらうのではなく、きちっとしたプログラムを作っていかないといけない」と話し、舞洲の活性化を目指す。 すでに大阪市と話し合いを進めているオリックスの小浜コミュニティグループ長は「ファンに集まってもらうと同時に市民の方が使える環境を整えていきたい。エンタメの部分と両立できたらいい」と期待し、エヴェッサの佐伯社長も「行政とも協力していいボールパークにしたい。お互いが相互応援できる。ウチは4月から舞洲府民共済SUPERアリーナ)がホームグラウンドになり、ここからがスタート。夢が広がりますねえ」と鼻息が荒い。 欧州から復帰した元日本代表FW柿谷曜一朗(26)を擁するセレッソも「こういう(3者がそろう)状況は望んでもできない。この環境を生かして盛り上げたい」(広報担当者)。3年前から舞洲をトップチームの練習場とし、柿谷や元ウルグアイ代表のフォルランが在籍した2014~15年には週末の練習日になると、1000人近くの見物客が集まっていたという。 4月から3者協議を本格化させるが、すでにさまざまなアイデアが出ている。イベントや共通チケットの販売、ファンクラブ交流、スタッフの人事交流などが考えられるが、佐伯社長は「イケメンもキーワードになる」。オリックスなら山崎福、海田、小田、伊藤、セレッソなら柿谷、扇原、エヴェッサなら西、今野…。それこそ“セレ女”“オリ姫”が色めき立つイケメンぞろいとあって、夢コラボに期待が膨らむ。 また、オリックスセレッソはオフが重なることで選手間の“合同自主トレ”も可能だ。オリックスの森川広報部長は「イチローマーリンズ)もヴィッセル神戸の選手と自主トレで走ったりしていますからね。合同自主トレでお互いのノウハウを吸収できるところはあるはず。場所として舞洲はうってつけでしょう」と見ている。オリックスの選手がサッカーやバスケットで汗を流す姿を見せれば、ファンにとっても楽しい光景だ。 市民参加型のアイデアも出ている。プロアスリートのトレーニング法や食事、体調管理面のノウハウを市民が学べるようなプログラムとして提供したり、さらに「野球の試合のあとで球場でサッカー教室をやるとか、セレッソの練習のあとで野球教室をやるのも面白い。少年たちはいろんな可能性を秘めている。それが社会貢献にもつながる」(小浜グループ長)。オリックスではこれまでも二軍戦の試合後にファンとバーベキュー大会、コーチ陣との野球対決など斬新なイベントを実施しており、舞洲でもファンと一体となった企画が飛び出すはずだ。 人事交流についても森川広報部長は「トレーナーのような専門職でも基礎体力をつけるメソッド(方法)は共有できるはず」と考え、ひいては選手のセカンドキャリアも「引退後の道筋を作る。(3者が)そんな中の受け入れ先になるならありがたい話」と話す。 来年の舞洲“元年”を前にオリックスでは、早くもメモリアル始球式に柿谷を招聘する声も出ている。セレッソ側も「面白いですね。柿谷はプロ野球の始球式は経験ないですしね。逆にこちらの長居スタジアムの試合でオリックスエヴェッサの選手にキックインをしてもらうこともできる」(広報担当者)と乗り気。オリックス舞洲を拠点に新時代に突入する。

オリンピックを大阪にからもう行く年 紆余曲折を経て舞洲スポーツアイランドになるのか

俺のオリックスユニとは親和性あるのてコラボユニフォームはそのまま出せそう←

ただあの話題で自分の野球熱が皆無になってるし ビジネスサボ芸人がいるのがねー(˘•ω•˘ )

まあ生暖かく見守りますよ