桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

18人チーム一丸での勝利

一丸になっているのはいい傾向でございますわ

この前の山形戦の熊監督のコメントが秀逸だったので 引用してみます

http://www.mycerezo.jp/news/match/8/00005627/

大熊清監督(セレッソ

「前半については、風下ということもあり、中盤でのミス、これからスピードアップする前のミスが多かったので、なかなか攻撃のテンションやスピードがアップしなかった。ただ、長いリーグ戦の中で、そういう試合や時間帯もある中で、守備が安定していたことが後半につながった。後半のほうが、ちょっとテンポやスピードは上がった。たとえばサイドを変えるテンポや人を越える動きが、前半よりは出てきた。チャンスの数も増えた。一番大きかったのは、いろんな調子、コンディションの選手がいるが、11人ではなくて18人で戦えたこと。さらに、同じ時間帯にU-23も試合をしている。今日は負けましたけど、一生懸命、頑張っている選手もいる。その中で、18人で勝ちを持って帰れること、チームとしてやってきたことを出せたことが今日は大きい。あとはやはり、決めるべき選手、FWが決めるということがチームの勝敗に直結することを痛感した。田代もメンバーを外れたりしていた中で、自分の調子を上げることをひたむきにやっていたのが、ああいう得点につながった。あとはソウザがあの時間帯で落ち着いて、あのスペースを見ていたことも非常に大きいのかなと思う。 ただ、いつも言うことだけれど、この勝利を忘れて、しっかりとまた、今までやってきたことを次節に出せるように、また明日から準備したい」 Q:後半、1点が欲しい状況で、立て続けに攻撃のカードを切ったが、それぞれの狙いは? 「多少お互いが間延びした中で、勝点3を奪いに行く姿勢やメッセージをピッチに与えたかった。それと、先ほども言いましたけど、田代やその他の選手についても、紅白戦の出来や調子が良かったので、そういう意味では躊躇なく送り込めた。さらにいい競争をして、こういう試合を手繰り寄せられるようにできればなと思う。とは言っても、なかなか(練習での調子の良さを)得点で表すのは難しい中、田代は落ち着いてよく決めてくれた。前線、ボランチ以下、守備の安定があるので、思い切って攻撃の選手を替えることもできた。チーム一丸となって掴んだ勝利だと思う」

チーム一丸での勝利 いい感じですよね

サブと空気が別れるのはあれですけど 公正な競争があればチームも活性化していくはず

ケチャップドバドバしないほうがいいかもしれませんけどね(˘•ω•˘ )