桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

当然だろうと盛者必衰は偉大なチームの宿命

日経で興味深い記事が二つあったので要約して紹介します

一つは3月9日日経でのカズさんのコラム

当然だろうに隙あり 要約すると93年Wカップ予選フランスと日本は同じ悲劇を経験して出場を逃した そして同じくイングランド 時間は流れてブラジルワールドカップでのブラジル対ドイツ戦 勝てて当然だろうという隙があったのでは

勝てれば優勝 この言葉を見るだけで頭痛が出てきます

そして電子版のこれ サッカーなでしこ、盛者必衰は偉大なチームの宿命 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98158960Y6A300C1000000/

70年ワールドカップのブラジルは偉大なチームだったか 74年は並のチームだった 偉大なチャンピオンチームは偉大な選手で語られる ペレ マラドーナ ジダンもしかり レジェンド澤もその系譜にあるのでは? 栄光を極めたメンバーにトウがたち、チームの耐用年数が尽きたことは分かっていても 大きな敗北を喫するまで、監督を変え、選手を変え、チームを変えることはできない。 それは偉大な代表チームの宿命のように思える。

偉大なチームは敗北しない限り解体できない 名言ですよ

メキシコ五輪と重なるという指摘にも うなづいてしまった

男子と違いアンダー世代が活躍してるので 心配はしてないけど 今のなでしこジャパンガラガラポンする時期に来てることは間違いない

個で勝負できないのであれば 全員守備全員攻撃のサッカーしかないだろうな

そういう意味も世代交代は必至でしょう

昨日サムライブルーの代表メンバーが発表されてましたが なんか別世界の話に見えて全くときめかなくなっております(声出しプロ野球も)

なでしこからリハビリしていくとしますか(´・_・`)