桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

見所は同時三枚替えのみ  

昨日試合みてデーター入力もしたけど ファイル消してしまいました 

同時三枚替え以外何もない試合でしたわ

ロングロングアゴー  クルピ政権時にルイルイと杉本が何もできずに前半終了で怒りの同時交代あったこと思い出してましたが その2人が同じ週末に2ゴールあげてる事実

セレッソを出て行くよろこびで優勝してしまう欧州組

溜息しか出てこないブルーマンデー(´・_・`) それに追い打ちをかけるアントゥオリの名言

J2 第15節 熊本戦|試合後のパウロ・アウトゥオリ監督(セレッソ)記者会見コメント http://www.mycerezo.jp/news/match/8/00000405/ 

Q:後半途中に3人を同時に交代させた意図は? 「必要であると考えて、3人の交代を決めました。ここではお伝えできない部分もありますが、我々の中で考えているところもあるので、そういうところも含めてあの決断に至りました。ポジティブなことで言えば、今日は吉野が久々に戦列に復帰したこと。そして、セレッソのしっかりとした下部組織で育ってトップ昇格した沖野がデビューしたこと、です」 Q:思うようなサッカーができなかった理由は? 「両チームに言えることですが、試合全体として、内容は良くありませんでした。我々の側の話で言えば、普段からやろうとしていること、やるべきことが出せませんでした。気持ちの部分、スピリットの部分も大きかったと思います。サッカーを心から楽しむ気持ちがあれば、自然とプレーもゴールに向かっていく。気持ちが乗ってこない時は、なかなか前向きなプレーに結びつかないもの」 Q:3人を同時に交代させることは珍しいと思うが、狙いとしては、一気に試合の流れを変えたかったということか? 「私はサッカー界で40年やっているが、3人を同時に交代させたことは確かに多くはないが、過去に何度かやったことがある。気持ちが前向きに乗っていない時は、勢いのあるプレーが出てこない。逆に、途中から入った3人の選手は、やってやるぞという前向きな気持ちが出せるのではないかということに期待して送り込んだ。3人を交代させた後に結果が出れば私の考えが当たったということになるが、結果として変わらなかったことは、私自身の采配の評価も、改めて分析しなければいけない」 Q:「結果として変わらなかった」と言われましたが、ポジティブな内容もあったと思う。改めて、3人に送ったメッセージを教えてください。 「メッセージを送ったというよりも、試合の流れを見た中で、私が感じたことを3人の交代という形で決断に結び付けた、ということ。ではその理由は何かということになるが、あくまで我々の内部で考えていかないといけないことなので、ここでは申し上げられませんが、私の立場をはっきりと示したということで、決断に至りました。私は監督として仕事をしている以上、選手たちを守る立場を常に取り、すべての結果に対する責任を取る。その覚悟は常に持っています。あとは、公にはできませんが、我々の中で選手たちと話をしていく、ということになります」 Q:「選手の気持ちが乗っていなかった」とおっしゃられましたが、その理由は? 「当然、理由は色々あるが、それはピッチの中で起こっていることだけではありません。我々の組織を含めた全ての部分で、ピッチの内外で起こっていることにあると考えています。チームとして同じ方向を向いて一体感を持ってやっていけるのか。キーワードをあげるとすれば、謙虚であること、ということです。ピッチの中においても、外においても、言葉だけではなく、しっかりと行動を取らないといけません」

バラバラじゃねーか

スタメン確約の契約で使わなければならないということ?

ある種の批判での三枚替え でも指揮は上がらず

前後分断のままだし

顔面ブロックさんの不調も気がかり

さすがに今朝は気持ちがモロッコだわ (´・_・`)