桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

ああ塩試合 明治安田生命J2リーグ 第12節 対ジュビロ磐田戦 ダイジェスト

「自分たちは決められず、相手は決めた。そこで勝負は決まったと思う」 これがすべてだよね

スタメン見た時に嫌な予感してた

3トップ復活ですか 5連戦でフィジカル上がり目ないのに ガス抜きは必要だとおもうんだけどねえ

結局0-3の試合だったわけだし(やさぐれ

結局は舶来3トップ不発で他との連携もできず もう12試合なんだぜ(震

やっぱりUSBみたく世界との壁はあついのかなあと

立ち上がりはよかったけど お互いにオフサイド合戦 セカンドボール獲れない 間延びサッカーでぐだぐだ マジでサイド使えない

ジェイの楔震に震えてたけど

膠着のなかラッキーカムカムオウンゴールで先制するも だんだん守備がずるずるになってからの 千葉戦と同じだったジェイの振りぬき

そして川辺のドリブル半端ない 何回もふかしてたけど4度目の正直の アダイウトンにやられて万事休す

空中戦率の勝率問題も再浮上

さてどうしましょうか

昇格候補同士の一戦は、立ち上がりから積極的に攻め合い、オープンな展開になる。ホームのC大阪フォルランを中心に攻撃のリズムをつかむと、前半45分に山口のクロスが伊野波のオウンゴールを誘い、先制に成功。後半に入っても決定機を作り続けるが、決め切れない。すると、守備の一瞬の隙を突かれ、同点にされる。このゴールで流れが変わり、以降は磐田のリズムに。GKの好守で耐えていたC大阪だったが、後半43分にアダイウトンに決められ、逆転を許す。その後は楠神を中心に反撃を試みるも実らず、連敗となった。

試合終了時のむっくんの芝生たたき
ああいう姿勢があればいけるんだけど 切り替えだけで済む問題やないで

さあFWどうします?(白目