桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

#あれうちの子です U-17日本代表FW岸本武流(C大阪U-18、1年)

昨日のタイムラインで気になったのが U-17日本代表FW岸本武流(C大阪U-18、1年)の記事 興味深いので紹介してみる

だが、中学時代に所属していた奈良県の桜FCから「何かの縁かなと思う」と進路選択の一つの要因となったスペイン語で同じ「桜」を意味するセレッソに進んでからは、「僕のプレーを引き出してくれるし、思いっ切りの良さを発揮させてくれる監督だった」という大熊裕司監督の下、持ち味である馬力を活かして「ゴールへの意識が強くなった」と成長へと繋げた。学年が一つ上がり、少し大人になったストライカーは今回も「最初はチームに馴染めてなくて不安やったけど、周りが上手い選手ばかりで、やりやすかった」と心の余裕を持って、日の丸を背負えるまでに成長を遂げた。  今季は2年生ながらも、チームでもエースとして期待される存在。将来はプロ入りを目指しており、「刺激になるし、僕も同じ場所に立ちたいなって思う」というトップチームのMF山口蛍、FW柿谷曜一朗らの背中を追う。一方で、“セレ女”ブーム沸くトップチームとは違い、「ユースの見られ方は変わらない。今はモテないので、同じようになって欲しいですね」とちょっとした悩みも抱える。「ここまで点が獲れるようになってきたり、順調に来ているので、今年は得点王を目指したい」という目標を叶える事が出来れば、トップ昇格とセレッソアカデミーの“モテキ”にも近づくはずだ。


[MOM988]U-17日本代表FW岸本武流(C大阪U-18、1年)_ブームに沸くトップ昇格へ、ゴール求めるストライカー | ゲキサカ[講談社]