桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

日本屈指の育成型クラブ・セレッソ大阪が踏み出す新たなるステージ

半角なのは何かのサインですかね

育成だけの海外直行ハシゴクラブなら 喜べないんですか(´・_・`)

日本屈指の育成型クラブ・セレッソ大阪が踏み出す新たなるステージ

http://m.goal.com/s/jp/news/7503552

そんなセレッソだが、やはり力強いのは、若い力が続々と育っていること。12月14日に埼玉スタジアムで行われた高円宮杯U-18サッカーリーグ2014チャンピオンシップで、彼らは柏レイソルU-18を1-0で撃破。ユース年代初の頂点に輝いたのだ。このチームはシーズン途中まで大熊裕司監督が率いており、走力を重視したスタイルを徹底的に追求してきた。大熊裕司監督が暫定的にトップ監督に就任してからも、その哲学を村田一弘コーチが引き継ぎ、選手たちにピッチ上で表現させてきた。こうした成果が強豪揃いの高円宮杯プレミアリーグ西日本制覇につながり、さらに東の雄・柏を倒す原動力となったのである。 この優勝チームから、キャプテンマークを巻いていたDF温井駿斗、MF沖野将基、MF阪本将基、MF西本雅崇、MF前川大河の5人がトップ昇格を果たすことが決まっている。この人数は、南野拓実秋山大地、岡田武瑠、小暮大器(徳島=来季復帰)が昇格した2013年シーズンよりも多い。それだけ優れた人材が数多く育っているのだ。

高松宮杯優勝は数少ない 明るい十代ニュースやけど 結局触れないまま 大晦日を迎えてしまった

(うわー今セレッソゴール集 録画忘れに気づく)

ハナサカクラブは問題ない でも咲く前に海外に 引き抜かれるのはどうなんやろ

国内ならセレッソ でも海外ならその順位は変わる

上からの締め付けが あれなのか

優勝世代のトップ入りは嬉しい 同じ穴のムジナでは意味がないので いい意味でチームを変えて欲しい

そして残ってくれたら嬉しいんやけど

他チームからの引き抜きは 何かを変えるための意図と思います

半日で今年も終わり 来季に向けて明るくいきましょう

明日は反省会で←