桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

抗えば抗うほどに悪化した「流れ」。 J2降格のC大阪にビジョンはあったか。

毎日毎日暴露ネタがいっぱいで 更新できることが幸せですわ

小野伸二の一言があまりにもリフレインで叫んでる

「最後は何をしてもうまくいかない。蟻地獄のようにハマっていく」と話をしたことがあった。悪い「流れ」が出来てしまうと、抗えば抗うほどうまくいかなくなるのだ。

抗えば抗うほどに悪化した「流れ」。J2降格のC大阪にビジョンはあったか。
http://number.bunshun.jp/articles/-/822193

f:id:mizzn60:20170707122503j:plain

 若く優秀な選手が海外移籍を望むのは致し方ないことであるし、チームもそれを容認してきた。また、毎年新しい血を入れ、競争を促進するのはチームにとって重要なことだ。  だが結果的に、ほぼ毎年攻撃のポジションで主力が入れ替わるという事態に陥った。そのせいか、チームのスタイルが根付く前に、選手の個性がそのままチームのスタイルになっていた。さらに今季は監督のミスマッチもあり、守備に重点を置く戦い方にチームが混乱した。培ってきたスタイルを失い、ヴィジョンは見えなくなった。

暴露系ではないけど これが全てだよね

抜擢のチャンスでもあるけど 毎年ガラガラポンしてたわけだ

それが実力競争での勝ち抜きならいいんだけど 空いたポジションに引き上げてた側面もあったような気がする

自分で勝ち取ってるのであれば無問題なんですが 抜擢と昇格は似てるようで違いますもんね

今回露わになった切り替えしかできない豆腐メンタル 外様に厳しいフロントとUSBのユースの結束

この辺がcancerの原因だよな

もう一つ言ってない理由はあるけど その辺はスポニチのまとめの時にまとめます

脱クルピの道は遠いね