桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

降格危機ですが…「会いにいけるアイドル化」「丁寧なファンサービス」が奏功 Jリーグと立命大「セレッソ現象」分析

一昨日の産経新聞に かなり大きく載ってて驚いた

社長辞めた後なので なんともタイミングが ビミョーではありますが

降格危機ですが…「会いにいけるアイドル化」「丁寧なファンサービス」が奏功 Jリーグと立命大「セレッソ現象」分析 - 産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/141121/wst1411210077-n1.html

  会いに行けるアイドル  調査報告によると、C大阪の登録会員数は昨年4月の1万4992人から今年6月時点で2万8196人に倍増。20~40代の女性と10代、40代の男性の増加が目立った。女性ファンが増えた背景のひとつとして指摘されたのが「会いに行けるアイドル化」だ。 (1)育成を重視し、選手を育ててきたクラブの中長期的視点 (2)ファンサービスに徹してきたクラブの方針-などが要因として挙げられている。  Jリーグマーケティング戦略室の担当者によると、新規の女性ファンは選手個人の短文投稿サイト「ツイッター」などから人柄に関する情報を入手。Jリーグやクラブが発信する試合記録などの“硬派”な情報とは異なる内容で、担当者は「調査結果を応用し、(他クラブの)集客アイデアにつなげていきたい」と話す。 (略)  SNSで発信した情報が登録者を通じて拡散することで、口コミ効果も期待できる。クラブの担当者は「若い世代はホームページよりも、SNSによってクラブの情報に触れる機会が多い。C大阪を身近に感じてもらい、最終的にスタジアムに足を運んでもらえるような施策を考えていきたい」とさらなる集客増につなげたい考えだ。  調査報告の作成に携わった立命大の小沢道紀スポーツ健康科学部准教授(マーケティング)は「サッカーのルールを知らなくても、好きな選手を見るためにスタジアムに行き、その選手にパスを出した選手が気になる…といったつながりから女性ファンが広がった。ヨン様人気がきっかけとなった韓流ブームに近いと考えられる。(他クラブも)SNSを活用し、選手を身近に感じられるようなファンサービスが重要だ」と話している。

ヨン様人気で 布部思い出してた(古株限定)

ソーシャルメディアの活用 うまく行ってる感じないんですけどね

ロビーおかんの方が キャラ立ち位置が はっきりしてるわけやもんし

セレ女はファンサの影響が でかいとおもてますが 来季はいろいろありそうなので どこまで残るか(ry

そんなこと先の考えるよりも 今そこにある危機の方が 大事やけど(´・_・`)