桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

J2降格危機に瀕するセレッソ大阪に今、必要なこと

プレビューかかなあかん日なんですが ネガティブな話になりそうだし先に失点しないことが J1おもひでカレ-の鍵になるとしかいえななそうなので やめておきますw

どうしてこうなったということが まとめられた記事があったので紹介します

コラム:J2降格危機に瀕するセレッソ大阪に今、必要なこと http://a.msn.com/01/ja-jp/BB9Jct1

4冠なんて考えてないわ>< 冒険になるとはおもてたけどw

今季のC大阪の動向を振り返ってみると、昨季J1で4位と若いチームを躍進させ、 柿谷を再生させたレヴィー・クルピ監督が退任。 新たにFC東京を指揮していたランコ・ポポヴィッチ監督が就任した。 そして2010年南アフリカW杯MVP&得点王のフォルランも加入。 これまでの堅守速攻からパスサッカーへの転換を図った。 J1は開幕のサンフレッチェ広島戦こそ敗れたが、それ以降の3月3戦はすべて白星。 ACLの方も、グループステージ3戦目となった3月18日のブリーラム・ユナイテッド戦(ホーム)で 柿谷、南野拓実フォルランのアタッカー陣が爆発して4-0で大勝するなど、 チームは前向きな方向に進んでいると思われた。 ところが、4月に入ると勢いが止まり始める。 「ディエゴは1人で何でもやるタイプだし、下がってボールをさばいてってプレーも多い。 そうなると曜一朗君のサポートがいなくなって孤立する場面が増えて、 そこでボールを奪われてカウンターに持ち込まれる。本当に難しい状況ですけど、 そこで選手たちがバラバラになったら絶対にダメ」 とキャプテン山口は苦しい胸の内を吐露した。 が、柿谷のゴール欠乏症は治らず、フォルランも調子が上がり切らない。 ACLは辛うじて1次リーグを突破したが、ラウンド16で広州恒大に大敗。 J1も13位でW杯の中断期間に突入し、この事態を重く見たクラブ側が ポポヴィッチ監督を解任する事態へと発展した。 ブラジル大会直前にこの報を耳にした山口は「本当に申し訳ない」 と反省の弁をしみじみと口にしていた。 山口と柿谷、フォルランがブラジルに赴いている間、 C大阪には今季2人目の指揮官であるマルコ・ペッツァイオリ監督が就任。 チーム立て直しに乗り出した。だが、新戦術がすぐにフィットしないうえ、 7月のJ1再開直前に柿谷が移籍。 フォルランもW杯の疲労のせいか本調子とは程遠い状況が続いた。 クラブ側はテコ入れのために平野甲斐とキム・ジュンソン、カカウを新たに獲得したが、 8月には山口の長期離脱という手痛いアクシデントが起きてしまう。 このように悪循環が続くとチーム再生は厳しい。 案の定、結果はすぐに出ず、C大阪はJ1再開後の9試合も未勝利が続く。 ヤマザキナビスコカップ準々決勝でも川崎フロンターレにアッサリと敗れたところで、 もはや一刻の余地もないと判断。9月上旬に2度目の監督交代に踏み切った。 J1残留請負人として白羽の矢が立ったのは、 C大阪U-18を指揮していた大熊裕司監督。 南野らを実際に指導していた経験豊富な指導者ということで、 チーム立て直しを図りやすいという判断があったのだろう。 その思惑通り、ペッツァイオリ監督が率いていた頃よりは確実に結果が出るようにはなった。 しかしこの1カ月を見ると、連勝が一度もない。 9月13日の柏レイソル戦のように内容的にも完全に相手を凌駕できることもあれば、 10月5日の清水エスパルス戦のようにミスが続く試合もあって、まだまだ波が大きい。 それをなくさない限り、15位以上の残留圏に浮上するのは難しいだろう。 とにかくC大阪が今、取り組むべきなのは守備の安定だ。 27試合の総失点は34と昨季シーズン終了時の32を上回っている。 昨季総得点が53だったのに対し、 現時点での総得点は28と得点力が著しく低下しているのも事実だ。 だからこそ、守りを固めて相手につけ入るスキをつくらせないことが肝要と言える。 手堅く粘り強く守備をして失点をしなければ、勝ち点を重ねられる可能性は大いにあるのだ。 U-19日本代表としてAFC U-19選手権ミャンマー)に参戦していた南野も、 準々決勝敗退によって1試合早く戻れることになった。 本人も「世界大会に行けなかった悔しさをセレッソでの戦いにぶつけるしかない」 と闘志を燃やしていた。彼らフレッシュな面々が結果を出せば、 J1残留への道は必ず見えてくる。ここからが本当の正念場だ。

波瀾万丈すぎるし 悪循環過ぎる\( ‘ω’)/ いいことあんまりなかったよね

他サポがつぶやいてたけど 今シーズンのハイライトは 関空フォルランが来たとき というのはまんざらでもない(白目)

典型的なバラバラじゃねーかと セレッソ恒例の守備が崩壊したら やばい伝統が 顔を出しただけ

1-0ウノゼロで いくしかないんだよね

連勝してないから 波に乗れてない

今日のマリノス戦は そういう意味で 大事な試合ですよね

さてどうなりますやら

19時キックオフ