桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

<消費税未納>サッカー界、対応に甘さ

ポ将の名前をこんな形で 聞くとはおもてなかった

<消費税未納>サッカー界、対応に甘さ

   「プロゴルファーはちゃんとしていた。芸能人もそう。なぜか出てくるのはJリーグだけだった」と検査院関係者は明かす。  検査院は1年間に1000万円以上の報酬や契約金を受け取った約280人を調べた。調査対象には芸能人や格闘技選手らも含まれていたが、問題があったのはサッカー関係者だけだった。  無申告者名の全容は判明しないが、関係者の証言で浮かんだのは町田ゼルビアランコ・ポポビッチ元監督(47)と鹿島アントラーズのダビ選手(30)。  ポポビッチ氏はセルビア出身。2009年7~12月に当時J1だった大分トリニータ(現J2)、11年は当時JFLだった町田ゼルビア(現J3)、12~13年はFC東京で監督を務めた。14年はセレッソ大阪の監督に就任したが、同6月成績低迷で解任された。  今回無申告であることを指摘されたのは町田時代。町田によると、契約上税務申告はチーム側が行うことになっていた。しかし「クラブ初の外国籍監督で、初の高額所得者だったため、担当者が手続きを忘れていた。未納分はチームで支払った」(広報担当者)という。  ダビ選手はブラジル出身のフォワード。07~08年はコンサドーレ札幌、09年は名古屋グランパスに所属した。その後カタールや中国でプレーし再来日。11~12年はヴァンフォーレ甲府、13年から鹿島アントラーズに所属している。  ダビ選手が問題とされたのは甲府時代。契約上、ダビ選手自らが税務申告すべきだったが怠っていた。ダビ選手は10日、取材に対し「チームに任せていた。自分は専門家ではないので正直よく分からない」と話した。  チーム側にも問題があった。消費税の申告義務が生じるかどうかは、名古屋時代の年収が1000万円以上あるかどうかによる。2年前の年収の高低によって課税されるかどうかが変わる仕組みだからだ。甲府の広報担当者は「(名古屋時代の)情報が無く対応できなかった」と話し、実態を把握していなかったことを認めた。  プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスによると「球団の契約した税理士が外国人選手の税務申告を代理する『納税管理人』を務めており、消費税の問題は起きていない。選手が帰国した後に手続きが必要になった場合も球団が行っている」と話した。関係者によると、他の球団でも同様の対応を取っており、サッカー界の対応の遅れが浮き彫りになっている。  ◇税務当局の連携ミス原因  消費税を巡り、サッカー界で約30人の無申告者が発覚した今回の問題は、税務当局内部の連携ミスが原因だ。チームが税務署に提出した資料には報酬額も選手名も記載されている。資料を見た税務署員が日本での居所を確認し、居所を管轄する税務署に連絡すれば実態をつかめたはずだ。  買い物などをして店に支払った消費税は、店が申告・納税することで国の収入となる。サッカーの場合なら、ファンが支払ったスタジアムの入場料やグッズの購入代に消費税が上乗せされている。この消費税の一部は選手らへの報酬に含まれており、選手が無申告ならファンの負担した消費税が国に入らない。  4月に5%から8%に引き上げられた消費税収入は、今年度当初予算で15兆円超と見込まれ、所得税の約14兆8000億円や法人税の約10兆円を上回る。来年10月には、10%への引き上げが予定されているが、今回発覚したような「穴」があるようでは理解は得られないだろう。【高島博之】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00000015-asahi-soci

f:id:mizzn60:20170707150531j:plain この話知らんかったけど マスゴミがサッカー批判 してるだけの記事だよね

クラブが悪いわけではなく 税務署の緩慢なだけやん

文章の締め方も気持ち悪いし なんだかなあ

うっとこも大丈夫やろか