桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

柿谷、山口、フォルラン効果で観客急増も、今後の維持が課題…セレッソ大阪現象分析

セレッソ大阪減少じゃないのか(白目

記事としては面白いので紹介

柿谷、山口、フォルラン効果で観客急増も、 今後の維持が課題…セレッソ大阪現象分析

http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014100612333602.html

そんな「セレッソ大阪現象」をJリーグ立命館大学の協力を仰ぎながら分析し、このほどメディアに報告した。この調査によると、 C大阪ファンというのは、 ①ヤンマー時代から、Jリーグ初期に森島寛晃西澤明訓らが活躍していた頃を知る2008年までのファン ②香川真司ドルトムント)、乾貴士(フランクフルト)、清武弘嗣ハノーファー)がいた2010年までのファン ③山口、扇原貴宏杉本健勇らがロンドン五輪に出場した2012年までのファン ④柿谷のブレイクがあった2013年に興味を持った人 ⑤フォルラン加入とブラジルワールドカップを契機に ファンになった2014年以降の人 …という5つに大別されるという。このうち、2013年以降に興味を持った新規層が全体の27%を占めており、特に女性の伸びが大きいようだ。今季のシーズンチケットや会員増加は爆発的な勢いがあったという。 その女性たちがファンになるきっかけとして最も大きかったのが、柿谷、山口、杉本ら若いタレント選手たちの存在だ。ロンドン五輪東アジアカップで彼らのことを知り、練習場やスタジアムで身近に会えるアイドルとしてツイッターなどで情報を探し、追っているうちに、彼らの明るい雰囲気や仲の良さ、ゴール裏の和気あいあいとした雰囲気にはまってくる。それで繰り返し足を運ぶようになった人が圧倒的に多い。彼女たちにとっては選手個々のプレースタイルやチームの勝ち負け、監督の采配や選手起用などはあまり重要テーマではなく、とにかく人を追いかける。そこが大きな特徴といえる。

浦和戦動員あがりませんでしたが あれ以降平均8000人減ってるというのは 4サポと5のサポの離脱やろね

1のセレサポはもっと細分化されるとおもうんやけどねえ (自分もここ)

この辺が6000人のコアサポやとおもてるので 減少してもふりだしに還るだけ このクラスターは問題ないですよ

でもあんなクラスの 助っ人雇えるお金ないけどね(白目