桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

セレッソ カカウ豪快ミドル弾で降格圏脱出

昨日は時間がなくて 浦和戦プレビュー書けなかったけど それで勝てたのなら もう書かない方がいのかなと←

何回も悲鳴あげましたけど セレッソの点とられなきゃ 負けないという割り切りと 決定力不足に救われました

やっぱり神ヒョンだねえ

カカウたんのゴール 思わずうるるんしてしもた

ほんまにあの瞬間 億千万の胸騒ぎした やっぱり獲得の意味はあったな←

ほんまにジャンピング土下座しないと

セレッソ カカウ豪快ミドル弾で降格圏脱出  ― スポニチ Sponichi Annex サッカー http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/09/28/kiji/K20140928009005900.html

 思いを込めて右足を振り抜いた。0―0の後半23分、C大阪はDF丸橋のスローインからFW杉本がパス。これを受けたカカウがゴールまで約25メートルの距離からミドル弾を放った。「“入ってくれ”と願いを送っていた」。ボールは日本代表GK西川の手をかすめ、右ポストに当たってゴールへと吸い込まれた。2試合連発となる一撃が、降格圏から抜け出す決勝弾となった。  「なかなかスペースがなくて、ミドルレンジからシュートを打つしかないと思っていた。最後の最後まで入るか分からなくてヒヤッとしたよ」  前節の名古屋戦に敗れ2連敗。試合後、助っ人FWは嫌われ者になることを恐れず、チームの雰囲気を「ぬるい」と切り捨てた。4試合ぶりに先発起用された一戦。言葉だけではなく、勝利への渇望を自ら態度で示すことが必要だった。  計13シーズンをブンデスリーガで戦い、残留争いを何度も経験した。時には試合後にサポーターに囲まれ、スタジアムから1時間以上も出られないこともあった。だが、そんな重圧をいつも力に変えてきた。今月半ばには発熱の影響で3日間にわたって寝込んだが、体調不良も決して言い訳にはしなかった。  先制後は防戦一方となりながら、全員がハードワークして虎の子の1点を守りきった。首位浦和に7試合ぶりの土をつけ、仙台、清水をかわして14位に浮上。右膝手術で、いまだ東京都内の病院に入院しているMF山口へも朗報となったはずだ。「90分間、(気持ちを)切らさずに頑張ってくれた選手に感謝したい」と大熊監督。次戦はJ1残留を争う17位清水との一戦。2度と降格圏に足を踏み入れないためにも、気持ちを緩めず戦っていく。

f:id:mizzn60:20170707153523j:plain https://www.youtube.com/watch?v=xEEptqo_MG0&sns=em

トラップが抜群でしたねえ

ネガ長谷川氏なら浦和の守備陣への 対応への文句だろうけど 佐藤氏はプレーを褒める解説だから 好きだわ

ぜひ専属解説に←

これでセレッソは戦術カカウで 割り切ることもできるかもしれん

あのゴールの遠因になった まさかのゴールキック判定に 感謝しないとね

まだ何も始まってないけど 今日だけはほやほやしておきたいと 思います

C大阪カカウ2戦連発で降格圏脱出/サッカー/デイリースポーツオンライン http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/09/28/0007371731.shtml

カカウは「(チームの)雰囲気が変わったと思いたい。大事なのは常に同じモチベーションを持ち続けること。次も気を抜くことなく、しっかりと勝利を勝ち取らないといけない」と表情を引き締めた

C大阪カカウ弾で首位浦和下し降格圏脱出 http://www.goal.com/jp/news/127/j%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0/2014/09/27/5137068/c%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%82%AB%E3%82%AB%E3%82%A6%E5%BC%BE%E3%81%A7%E9%A6%96%E4%BD%8D%E6%B5%A6%E5%92%8C%E4%B8%8B%E3%81%97%E9%99%8D%E6%A0%BC%E5%9C%8F%E8%84%B1%E5%87%BA



20140928-082749.jpg