桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

柿谷曜一朗選手の移籍について

f:id:mizzn60:20170707120026j:plain

想定の範囲無いでしたが いろいろ思うところありましたので 昼間に更新できず いろいろ考えておりました

[browser-shot width=“600” url=“http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10013573&contents_code=100100100”]

 

弊クラブ所属のMF柿谷曜一朗選手が、2014年7月16日付けで、スイスのフースバル・クラブ・バーゼル1893(Fussball club Basel 1893/スーパーリーグ)へ完全移籍することになりましたので、お知らせいたします。 柿谷選手のプロフィール、コメントは下記のとおりです。 なお、7月15日(火)川崎フロンターレ戦の試合終了後にセレモニーを行う予定です。

《柿谷 曜一朗(かきたに よういちろう)選手》   ■生年月日  : 1990年1月3日(24歳) ■身長/体重 : 177cm/68kg ■ポジション :  MF ■経歴      : セレッソ大阪スクール('94)→セレッソ大阪U-12('00)→セレッソ大阪U-15('02)→セレッソ大阪U-18('05→セレッソ大阪('06)→徳島ヴォルティス('09.6~)※期限付き移籍セレッソ大阪('12) ■代表歴   : U-15日本代表、U-16日本代表、U-17日本代表、U-18日本代表、U-20日本代表、日本代表 ■出場記録  : ※2014年7月7日現在 ◇J1通算 リーグ戦   78試合出場/33得点  / カップ戦 試合  15試合出場/8得点 ◇J2通算 リーグ戦  148試合出場/18得点 ◇ACL            8試合出場/ 4得点 ◇天皇杯                     8試合出場/ 1得点

柿谷曜一朗選手のコメント 「僕はセレッソがめちゃくちゃ好きだし、一緒にやってきたみんなとタイトルを取りたい気持ちはありました。でも、もう一度海外でプレーできるチャンスが来て、ワールドカップで悔しい思いをした中でいっぱい考えて、FCバーゼルでチャレンジしようと決めました。今のセレッソには一番上に立つべき選手たちが揃っていると思います。全員が輝くことを祈っているし、僕もそれに負けないようにがんばります。これまで本当に応援してくださったサポーターの皆さんには感謝しています。皆さんの前で、(リリース上ではなく)自分の口できちんとお礼をいいたいと思いますので、少し時間をください」

スカパーでも予告されてるように試合終了後に セレモニーでしょうね 試合出場せずに

朝のタイムラインであえてツイートしてないのは いろいろ思いだしてたから

06年降格したときの唯一の希望だったですもん 長居第二の草津戦初ゴールは希望だったけど

U17のレインボーとカッキースマイル 長居で見まくれるとおもってWKTKしたもんですが

 

 

その後は尻つぼみ 6度の遅刻を経て(ry この辺はテンプレですから辞めときましょう

シンジに追いつくために移籍したと思うんですが 思い出すのは秀爺の話

[browser-shot width="600" url="http://number.bunshun.jp/articles/-/421675"]

香川に先を越された“天才”柿谷から成長を感じた、ある出来事。

ウサギとは入団時に“天才”と持て囃された柿谷曜一朗。カメは「(セレッソ加入時は)おとなしいし、サッカーなんか出来るんかなと思った」という香川だ。秀島は「頑張れ、お前は絶対に大丈夫。昼寝している奴は努力すれば追い越せる」と自信を与え続けた。その後伸び悩んだ柿谷とは対照的に、素直で練習熱心な香川は大きく成長。海を渡った今でも「悩んだ時は初心に帰れ。努力しかない」と声をかける秀島を、香川は「お父さん」と慕い、日本に戻れば必ず寮に顔を出すという。

香川のブレイクに遅れはしたが、ウサギの柿谷も眠りから覚め、走り出した。秀島が変化を感じたのは去年の夏。徳島へのレンタル移籍から復帰した柿谷が寮を訪れ、「ワガママ言って、迷惑かけて申し訳なかったです。これから頑張るんで、よろしくお願いします」と頭を下げたという。「技術者としての心を掴んだ。この子は良くなる」という確信通り、今や柿谷はチームの中心となっている。

「香川とはお互いにモノを言いやすかった」「柿谷みたいなウサギはちゃんと走れば強い」と話す秀島は終始にこやかで、「孫と爺さんみたいな関係や」というのも頷ける。彼らの成長が、寮に住み込んで朝から晩まで働く秀島の元気の源となり、その姿を見ることが選手の成長に繋がっている。この好循環がある限り、セレッソから今後もタレントが出てきそうだ。

 

これから兎の逆襲がはじまるとおもってる
背番号8をつけてなくて13でもないのが
そういう意味かと
セレッソでワールドカップに出てくれて
移籍金も残してくれて ありがとうとしかいえない
昨年秋くらいからのアレからのアレだけは不満でしたけど それはそれで意味があったとおもてるし
アレがなければ今年は始まってないので
言葉にするのは野暮でしょう
とてつもなく高くなった背番号8の敷居をリセットするために
次の背番号8は最古参のミスターセレッソ
シャケでいいんじゃね(真顔)

個サポじゃないので うまく言えそうに無いが 一言

BOA SORTE(ボアソルチ)!