桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

J1後半戦へのビジョン|C大阪編|ドイツ流の「ゲーゲンプレス」と陣容再編でスタイルを再構築

なんか見だしだけでwktkしてしまうけど とりあえず踊っておきますか

 

[browser-shot width=“600” url=“http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=4503”]

 

J1後半戦へのビジョン|C大阪編|ドイツ流の「ゲーゲンプレス」と陣容再編でスタイルを再構築 | サッカーダイジェストWeb http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=4503

 ゴイコ・カチャルブンデスリーガハンブルクに復帰、ミッチ・ニコルスAリーグパース・グローリー期限付き移籍することになるなど、チームはシーズン半ばでの陣容再編も余儀なくされている。 ワールドカップに出場していた柿谷曜一朗、山口蛍、フォルランの主軸3選手が不在だったうえ、 再始動後には、怪我などで別メニューを強いられる選手が続出。そのため、1週間のキャンプ中に C大阪U-18の選手を6人も帯同させたのだが、11対11のゲーム形式の練習が十分にできない状況も生まれるなど、 満足にトレーニングを積めたとは言い難い。 それでも、ドイツでは育成年代を中心に指導を行なってきたペッツァイオリ監督の求めるサッカーの色は、 新体制の始動初日から明確に示されていた。そのひとつとして挙げられるのが、前からのプレッシング。 ドイツ仕込みの、いわゆる『ゲーゲンプレス』だ。「コンパクトにやることが大事」と強調する指揮官の狙いは、 できるだけ相手ゴールに近い位置でボールを奪うこと。そのためにも素早い攻守の切り替えに、 かなり重点を置いてトレーニングを行なっていた。 この点については、キャンプ中にアシスタントコーチのひとりとして帯同していた羽田憲司C大阪U-18コーチも、 「(守備は)レヴィー(クルピ元監督)がやっていたことに、少し似ているように思う」と感想を述べるように、 近年チームが育んできたアグレッシブなスタイルに立ち返っていると言えるかもしれない。 「やっていることはシンプル」(丸橋祐介)と、選手たちも、違和感なく、守備の形を構築できているようだ。

[browser-shot width=“600” url=“http://shinyakizaki.blog74.fc2.com/blog-entry-515.html”]



 ゲーゲンプレッシングが「ただの速い切り替え」と最も違うのは、 トランジッション時に組織的に連動すること。ボールを奪った相手に対して、1、2人が圧力をかけ、 他の選手はパスコースを切る。さらに周囲でボールを受けうる相手もチェックする。レアル戦は、その連動がすごかった。


***

 ただ、いつボールロストするか予測できないため、クロップ監督は「ゲーゲンプレッシングは パターン練習できない」と言いいます。パルスのように体と頭に覚え込ませるしかない。 理路整然と陣形を整えてやる通常のプレスと、最も異なる点です。 このGプレスと、通常のプレスがドルトムントの二本柱。

単なる前線からの守備ではないのかφ(・

要するに蛍が得意な前からの 狩りあげ戻りカウンターを 常に狙うサッカーなんですね

ペッツェァサッカー楽しみでごわす