桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

内田篤人「やっぱり、サッカーは点を取って守るゲーム」

試合後の生インタビュー どんなスポーツでも楽しみなんですわ

終わった直後なので 後日談になってなし マスゴミのフィルターもないので 選手の本音が出てくるのを いつも注目して見てます

もちろんスカパー監督インタビューファン

今回のザックのインタビューみて ため息が出た

もう次(の監督)に切り替えていくので その話には触れません

突き刺さったのは内田篤人の言葉

攻守に奮闘した内田篤人「全員で勝ちに行ったけど、悔しい戦いに」 http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20140620/202721.html @SoccerKingJPさんから



20140621-093152-34312409.jpg

 試合後、日本代表DF内田篤人は、「チーム全員で勝ちに行ったんですけど、なかなかゴールを割れずに悔しい戦いになりました」と、コメント。前半途中で数的優位に立ちながら無得点に終わった要因について、「ギリシャも本当に堅いチームで、失点を防ぐのが得意なチームなので。(人数が)11対10でしたけど、向こうも本当に良くがんばっていましたし、僕たちもゴールを割ろうとがんばっていたんですけど、なかなか難しい試合でした」と、話した。  そして、右サイドで縦関係のポジションに入ったFW大久保嘉人について、「嘉人さんは一対一で突破できる選手なので、うまくサポートしながら、なるべく守備の負担は減らして、縦の関係でうまく崩せればと思っていました」と、話し、「個人としてもチームとしても惜しいシーンはありましたけど、ゴールを割れないというのはね。やっぱり、サッカーは点を取って守るゲームなので、最後のところは一番大事かなと思います」と、語った。  グループリーグ第3節に向けては、「日本でも一生懸命応援してくれている人もいるし、僕たちが代表としてピッチに立つ以上は絶対に諦めてはいけない」と、コメントした。  

うっちーって言われてるけど 中身のキャラはかなりの 負けず嫌いなんだよね

僕は自分が見たことしか信じないという 書籍は衝撃的だったこと思い出した

「サッカーは点を取って守るゲームなので、最後のところは一番大事かなと思います」

だよねえ

三試合の短期決戦 勝ち切らないと上には行けないし 上に行けたときは最初に 勝ち点取れてるもんな

そのためにはテンプレな 戦術か必要なわけで

結局最後の最後に ザキオカさんワントップという形で 最後にぶれた

前田の切り替えも謎だったし 最後の最後まで 腹決めて欲しかった

ため息しかでねえ

サッカーは点取りゲームと 四年後までしかと覚えておきましょう