桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

大久保嘉人「俺のおかげで曜一朗はギリギリ助かった」

代表への、ゴールへのあふれる思いが、バスタブには収まりきらなかったのだろう。

誰うまw

大久保部屋が大洪水…柿谷に助け求める
http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/p-sc-tp0-20140610-1315210.html

 この男のまわりでは何かが起きる-。日本代表FW大久保嘉人(32=川崎F)がブラジル入りしたその夜、アクシデントに見舞われたことを明かした。7日(日本時間8日)にチャーター機で入国。そのままキャンプ地イトゥの豪華宿舎に入った。部屋には日本協会の要請により、選手のために設置された自慢のバスタブがあった。移動の疲れを癒やそうとお湯を張った。その後“事件”が起きた。  大久保 俺の部屋だけ大洪水になった(笑い)。リビングの方までお湯が出てきて「何だ、何だ!?」ってなった。  ゴール前ではあれだけ落ち着いているが勝手が違うのか大慌て。騒ぎを大きくしても、くつろいでいる選手に迷惑がかかる…。考えた末、弟分のFW柿谷曜一朗(24=C大阪)に助けを求めた。  大久保 取りあえず曜一朗の部屋に「風呂があふれてるぞ!」っていった。そしたら曜一朗もギリギリまでお湯がきていた(笑い)。  FW2人の連携で、偶然ではあったが被害の拡大は食い止められた。水浸しになった部屋も施設スタッフに来てもらい、事なきを得た。原因については「多分、自分のせい」。あっけらかんとしたもので、豪快に笑い飛ばした。  9日に32歳になった。現地時間ではとんだ前祝いになったが「最高の誕生日。代表で迎えられたので」と笑顔。代表への、ゴールへのあふれる思いが、バスタブには収まりきらなかったのだろう。【八反誠】

大久保 排水口の開閉操作誤り約5センチ“床上浸水” ― スポニチ Sponichi Annex サッカー http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/10/kiji/K20140610008335540.html

 初めてブラジルに足を踏み入れた大久保が、いきなりアクシデントに見舞われた。ホテルで風呂に入ろうとお湯を張ったが、排水口の開閉操作を誤り、お湯があふれる非常事態が発生。リビングにまで流れ込み、約5センチの“床上浸水”となった。  スタッフに掃除してもらい事なきを得たが、「誰かに言わないけん」と柿谷の部屋に行くと、同様のミスをしており、風呂は決壊寸前。「俺のおかげで曜一朗はギリギリ助かった」と胸を張った。  ほろ苦い“ブラジルデビュー”から一夜明け、9日は32回目の誕生日。日本代表合宿中に年を重ねるのは、10年南アフリカ大会の直前合宿以来で「代表で迎えられて最高の誕生日やね。1カ月前は(W杯メンバーに)選ばれると思ってなかったから。32歳の誓いはないけど、良い一年にしたいね」と笑顔を見せた。

これ再現ドラマでみたいわ

同じボケしてるのが桜のDNAなんでしょう

いろんなショートコント期待してます←